gaYa広告

2014年04月17日

なんと1922年、世界で最初の携帯電話のビデオを発見!

Cellular-Newsは、研究者がなんと1922年にトライアルされたモバイル電話と音楽技術のフィルムを発掘したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

1973年04月03日にモトローラの総支配人マーチン・クーパー(Martin Cooper)はニューヨーク市で、ライバルのAT&Tが開発した最初の携帯電話を「レンガ・サイズの携帯電話(cell phone the size of a brick)」と言った。

今回のビデオで面白いのは、消火栓にケーブルをつなぐところである。

さらに音楽をリクエストして、聞いている。

ただし、無線電話であれば、かなり前からあった。

また、テレビ戦争映画『コンバット」では大きな無線機をかついで、受話器で戦況を報告している。

1973-04-03---AT&Tが開発した携帯電話を「レンガ・サイズの携帯電話」と言った。
1983-04-14---最初の携帯電話「DynaTAC 8000x」のデモをした。
1983-04-14---イギリスで最初の携帯電話を販売した。
1985-01-01---イギリスで最初の携帯電話が始まった。
1987-11-18---広州市で携帯電話が開通した。
1946-06-17---セントルイスで実験的な無線電話機サービスを開始した。
1935-03-12---日本とヨーロッパの無線電話開通。
1929-12-08---商業海陸連絡用電話サービスを開始した。
1920-07-16---世界初の公衆無線電話機サービスが公開された。
1915-10-21---世界で初めて無線電話アーリントンからパリへの会話を実現した。
1908-05-27---日本初の無線電話局が、丹後丸との間で最初の無線交信をした。
1908-05-16---日本初の無線電話局が開設された。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト