on-the-time.jp

2014年04月16日

インターネットは、リーマンのように世界景気の衝撃に弱い。

Christian Science Monitorは、最近の研究によれば、世界の景気は、インターネットと非常に絡み合うようになっている。
また、インターネットは非常に多くの連結された脆弱性を持っている。
失敗は衝突して滝のように落ちることが明らかになったことを示唆した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

世界景気は、デジタル混乱への高められた脆弱性の局面に入っている。
2008年に、その劇的な崩壊まで大部分は隠された脅威は、抵当危機を米国にたとえた、と新しい報告書が警告した。

その報告書は、サイバースパイ活動、犯罪およびサイバー武器開発のヘッドラインを越えてより大きな危険が潜在していることを示唆している。

一つについては、インターネット・サービス・プロバイダを曇らせるためにキー操作を外部委託することへの速く増加する依存ははるかに広いか、長い永続する衝突が引き起こす問題は、滝のように落とすことに帰着するかもしれない。

国家安全保障シンクタンクのチューリッヒ保険会社は大西洋会議による研究(study by the Atlantic Council, a national security think tank, and Zurich Insurance Company)によって、「インターネットは高度に相互に連結する、また社会を持った密結合、他のそのようなシステムでのように、次のことを意味すること、それらの小さな失敗あるいはシリーズは、1つの場所で、特大のインパクトを他のところに生産することで、滝のように落ちることができる。」

「私たちの社会のインターネットに対する信頼は指数関数的に成長していますが、その私たちのコントロールは単に直線的に成長します。」

その場合、その単一故障が「重大なインフラストラクチャーを実行する主なロジスティクス供給者あるいは会社が、滝のように落ちた。それは、前もって理解するか、モデル化するか、予言するのに困難な方法で実体経済の全体にわたって走る破滅的なリプルを拡大することができました。」といっている。

そのような出来事が別のものと一致した場合、それは特に真実であった。

「最近のハートブリード(Heartbleed/心臓出血)脆弱性は、報告書の主なメッセージを実証します。」と大西洋会議のサイバー国政術イニシアチブの管理者で、インターネット・ウェブサイトの3分の2の最近発見されたセキュリティ・ギャップを指す報告書の著者ジェーソン・ヒーリー(Jason Healey, director of the Atlantic Council’s Cyber Statecraft Initiative and author of the the report, referring to the recently discovered security gap in two-thirds of Internet websites)が言った。

「インターネットは非常に複雑です。そして実際の世界への密結合は生産します。私たちはすべて、ほとんどが理解しない不明瞭な技術のサイバー危険に重大にさらされました。また、私たちは見つけていませんでした。」と彼は付け加え。

「今回は、単にパスワードだった。しかし、一旦インターネットが送電網または無人自動車に接続されると、何が起こりますか。」

世界経済フォーラム(World Economic Forum)とマッキンゼー(McKinsey & Co.)のレポートによって、1月に「いつも『すべてはデジタルになっている。』個人で、社会と市民の機関は、情報システムにもっと依存し、攻撃に、より弱くなる。」と報告している。

インターネット・セキュリティ専門家ダニエル・イェール(Daniel Geer, an Internet security specialist)が2月の会議で「その結果、我々の機関はすべて、超接続している世界に本来的な値と、サイバーアタックが作成する危険の間で、ますます思慮深いトレードオフを作らなければならないだろう。」
問題は、「安定したシステム状態」の期待にインターネット・コマースが構築されるということである、と言った。

「それでも、社会がより技術的になるほど、可能な失敗のダイナミック・レンジは大きい。」
新しい効率を利用するラッシュの中に、国家は重大なインフラストラクチャーである。
誰のコントロールシステム、送電網のもののように、多くの場合「設計によって不安定である」頻繁にハックすることができサイバー・セキュリティ・エキスパートであるインターネットに結ばれた企業ネットワークに接続されていると言っている。

フロリダ州サンライズのサイバー・セキュリティ会社Digital BondのCEOデール・ピーターソン(Dale Peterson)は電子メール・インタビューで、「これは典型的に規則が介入することである場所である。どこでも、ビジネスの興味との経済的持分矛盾は、一般的によい。」と書いてきた。

Stuxnetをサイバー武器ターゲットとするイランの格計画であると最初に確認したラルフ・ランガー(Ralph Langer, the man who first identified Stuxnet as a cyber-weapon targeting Iran’s nuclear program)によれば、その緊張は「ビジネス・ロジック」の天然産物であると言っている。

彼と共同執筆者は、「この失敗の基本の理由は、ビジネス・ロジック中の全体の問題を組み立てるリスク管理の概念に対する信頼である」と昨年、研究で書いた。

「ビジネス・ロジックは、結局民間部門に国の最も重大な装置をコントロールする突飛に脆弱なサイバー・システムの事実の問題を解決するのではなく、常に仮説の危険を遠方に議論するすべての理由を教える。」
システムが1握りのソフトウェアとハードウェアのアーキテクチャーに基づく時、イェール博士は脆弱性が単に成長すると言った。

すべてのスピードが高速になり、誰も対応できなくなり、問題が発見されるとそれを修復する前に、攻撃を受け、問題が拡大するようになっている。

リーマンのとき、その前から経済学者が危険性を指摘して、大騒ぎをしていたが、誰も盾けられないままどぶに落ちていった。

2014-04-16---「ハートブリード(Heartbleed/心臓出血)」で、最初の逮捕者!
2014-04-11---セキュリティー・バグ「ハートブリード(Heartbleed/心臓出血)」
2014-04-11----NSAは2年前から「ハートブリード」を開発し、利用していた!?
2014-04-10---iOS、OS Xあるいは「キー・サービス」に「Heartbleed(心臓出血)」の影響なし!
2014-04-10---米国連邦規制局は、銀行へ、「Heartbleed」危険に取り組むように命令!
2013-12-25---ビジネス年度には、回復のサインがある。
2013-09-15---リーマン・ショックから5年。
2009-10-14---NYダウが1年ぶりに、US$1万の大台回復。
2009-06-01---米国のGMが経営破綻した。
2008-10-03---リーマン、AIG、リンチの放出ニューヨーク不動産情報!
2008-09-29---米国の財政的混乱と、インターネット企業への影響!
2008-09-15---ウォール街の大混乱は、ハイテク企業にどう影響するか?!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告