on-the-time.jp

2014年04月16日

仕事中に病気になる農業労働者の四分の三以上は、報告されなかった。

美容と医学の科学

SFGate(サンフランシスコ・クロニクル/San Francisco Chronicle)は、新しいUCデイビスの研究(UC Davis study)によれば、けがをするか、仕事中に病気になる農業労働者の出来事の四分の三以上は、連邦機関によって報告されなかったといった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

正確なデータなしで農民は、今月、疫学の記録(Annals of Epidemiology)に公表されて、その報告書によって、国の食材メーカーをより安全で、より健康にするためにその問題を解決することができなかった。

An estimate of the U.S. government's undercount of nonfatal occupational injuries and illnesses in agriculture
J. Paul Leigh,
PhDemail address, Juan Du,
PhD, Stephen A. McCurdy, MD, MPH
Received 17 September 2013;
accepted 7 January 2014. p
ublished online 23 January 2014.

「誰かが農業用政府統計中のギャップに関して何を仮定するかもしれなくても、私たちの研究は、その問題が以前に疑われたより実際に約3倍大きいことを示します」と、公衆衛生科学の教授および捜査主任J.ポール・リー(J. Paul Leigh, professor of public health sciences and the lead investigator)が研究で言った。

不一致の問題は政府の焦点で、その上で、単に研究によって、農業での雇用の50%を占める中央-大型の農業をする企業によった。
J.ポール・リーと他の研究者は、無数の連邦機関からの致命的ではない仕事関連の傷および病気の上で、2011年のデータを組み合わせることにより、彼らの結論に来て政府が作物農場のケースの73.7%を逃したことを知った。

また、動物の81.9%はすべての農業のために平均77.6%で、ケースを明らかにした。

「どんな単一の政府の財源も提供することができるより合理的でより正確な評価に到着するために、私たちの分析は、信頼できる比率と共にデータセットのコンビネーションを使用しました」

「農業は、国家で最も危険な雇用環境のうちの1つと同様に経済富の主なドライバーです。

もし私たちが労働者と農民への害の原因を正確に数えて明らかにしたなら、それはより強力な経済力であるといえるでしょう。」とリーが言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告