gaYa広告

2014年04月16日

最近の医療研究報告で、注目された6項目。

美容と医学の科学

脳、認知、卵巣癌、癌評価、アルツハイマー病、農業労働者について、SFGate(サンフランシスコ・クロニクル/San Francisco Chronicle)は2014年04月16日に報告し、スタンフォードの科学者(Stanford scientists.)によれば、脳の中の神経細胞を活性化するミエリンの成長を援助すると分かったニューロンは、神経のコミュニケーションを可能にする絶縁するさやを構築する原因である別のタイプのセルの構成を引き起こすように見えると報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

神経細胞が発射する場合、彼らはミエリンと呼ばれる保護さやを作る乏枝神経膠細胞(oligodendrocytes, which make the protective sheaths called myelin)の生産を促す、ということを科学者が知った。
彼らの研究で研究者は、光波に応じて活性化するようにプログラムされたニューロンが注入されたハツカネズミを見た。
ニューロンが「ついた」時、それはミエリンを作成する細胞を引き立たせた。
研究はその繰り返された活動は、言いかえればあるニューロンおよび順番に増加したミエリン生産の活性化を繰り返すことを示唆する脳の部分間でより強く、より効率的な通信路の生成に結びつく。
研究は、強化を含んでいる脳について説明するのを支援する「可塑性」は、および活動に基づいた神経の接続の弱まりは、最も重要であると認めた。
ミエリンの生産が脳可塑性に重要な役割を果たすと科学者は言った。

研究結果は、2014年04月10日にScience Express誌のオンラインで公表された。

カリフォルニア太平洋メディカルセンターおよびUCSFの科学者(scientists from California Pacific Medical Center and UCSF)によれば、睡眠に関する問題は、年齢にリンクした。高齢の人で、夜の中頃に起きて、眠るフォールバック機能に有能でない頻繁なエピソードを含むある不眠を持っている人は、翌年の苦しむ認知力低下のための増加した危険にあるかもしれないと分かったと報告した。
研究者は年齢67以上の人2,822年を研究した。
そのすべてには認識の問題がなかった。
その人たちは、5日間の期間にわたる睡眠習慣を追跡するためにリストバンドを着用していた。
破砕した睡眠および低い睡眠効率を経験した参加者は、それらの睡眠に関する問題を持っていなかった人と比較して、次の3〜4年にわたってある認知機能を失う可能性が40〜50%高そうであった。
眠って費やされた時間の総量および自己報告された睡眠品質は、認知力低下に関係していなかった、ということを研究者は知った。

その研究は2014年04月01日に雑誌Sleepの中で公表された。

バークレーの公衆衛生研究所(Public Health Institute in Berkeley)からの新しい研究によれば、通常のサイクルの人と比較して、不規則な月経期の女性は癌の危険に結び付けられ、卵巣癌の危険が2倍であったと報告した。
ほとんど増加された不規則なサイクル、および母親か姉妹のような一等親血縁者に関する卵巣癌の家族歴の両方を過ごした女性では、その危険が3倍であった。
研究は、1959年から1967年の間に出産したオークランドのカイザー・パーマネント(Kaiser Permanente in Oakland)で14,000人を超える女性から集められた医療データに基づいた。
患者は、小児保健および開発研究の一部として、妊娠と子供の発育に関するとして、カイザーの研究は50年間以上フォローを受けた。
不妊、および排卵誘発剤または避妊薬の使用は研究発見物の説明として除外された。
従来の研究がより長いサイクルを示唆したか、それほど頻繁でない排卵が卵巣を保護するかもしれない一方、この新しい研究はそれを支援しなかった。
研究で女性によって報告された不規則は、35日あるいは誰が排卵中に卵をリリースしなかったかより長く続くサイクルを含んでいた。

調査結果は、サンディエゴのアメリカ癌学会の年次会議(American Association for Cancer Research annual meeting in San Diego)で示された。

スタンフォードの研究者(Stanford researchers)によれば、より安い遺伝子検査は、癌で、医者がそれらの患者のよりよい医学の推薦をすること¥を助けるかもしれなくて、ある高い危険で患者上で比較的迅速で安い同義遺伝子パネル・テストを実行する治療を援助することができたと報告した。
全ゲノム配列(whole-genome sequencing)が利用可能な間、プロセスは時間を消費し、かつ高価な傾向がある。
テストを含んで、わずかに、ある癌に変化を関連する傾向がある遺伝子を選択する遺伝子パネル(gene panels )の使用、ますますポピュラーなオプションになった。
スタンフォードの研究で研究者は、乳癌および潜在的に他の多くの癌の進行に関係していると知られていた42の遺伝子のシーケンスを評価した。
それらは、BRCA 1とBRCA 2の変化のためのテストを受けたほぼ200人の女性からの血液のサンプル上の配列、胸部に関連した最も一般的で最も有名な変化、と卵巣癌を実行した。
それらの変化のない141人の女性のうちで、14は42の遺伝子パネルに遺伝子突然変異を持っていた。
それらが癌の危険を十分に高めることで、医者は、増加した検査と予防策のような注意の変化を推奨することができた。

研究は月曜日に臨床の腫瘍学ジャーナル(Journal of Clinical Oncology)の中で公表された。

スタンフォード医学部の研究者(researchers at Stanford School of Medicine_によれば、アルツハイマー病の重要な危険要因(risk factor for Alzheimer's disease)であると何人かの科学者が既に信じた遺伝子の変異体は、男性より女性でさらに危険であることが判明した。
身体の全体にわたって脂肪の物質を左右に動かすタンパク質のレシピdで、ApoE遺伝子(ApoE gene)中の3つの変形のうちの1つApoE4は、科学者がアルツハイマー病をもっと理解するのを助けるかもしれない。
研究者は、正常なテスト結果を持った5,000人、および最初に軽度認識障害のサインを示した2,200人の臨床的評価を分析した。
ApoE4遺伝子の変異体が検知された時、アルツハイマー病の機会は両方のグループの中で増加した。
しかし、正常で、最初にテストした人々の間で、増加した危険は、男性にとって単に欄外であった。しかし、女性は、軽度認識障害またはアルツハイマー病に進む可能性が2倍に接近していることを、それらの最近の研究で見つけた。

研究は月曜日に神経病学の記録(Annals of Neurology)に公表された。

新しいUCデイビスの研究(UC Davis study)によれば、けがをするか、仕事中に病気になる農業労働者の出来事の四分の三以上は、連邦機関によって報告されなかった。
正確なデータなしで農民は、今月、疫学の記録に公表されて、報告書によって、国の食材メーカーをより安全で、より健康にするためにその問題を解決することができなかった。
「誰かが農業用政府統計中のギャップに関して何を仮定するかもしれなくても、私たちの研究は、その問題が以前に疑われたより実際に約3倍大きいことを示します」と、公衆衛生科学の教授および捜査主任J.ポール・リー(J. Paul Leigh, professor of public health sciences and the lead investigator)が研究で言った。
不一致の問題は政府の焦点で、その上で、単に研究によって、農業での雇用の50%を占める中央-大型の農業をする企業によった。
J.ポール・リーと他の研究者は、無数の連邦機関からの致命的ではない仕事関連の傷および病気の上で、2011年のデータを組み合わせることにより、彼らの結論に来て政府が作物農場のケースの73.7%を逃したことを知った。
また、動物の81.9%はすべての農業のために平均77.6%で、ケースを明らかにした。

「どんな単一の政府の財源も提供することができるより合理的でより正確な評価に到着するために、私たちの分析は、信頼できる比率と共にデータセットのコンビネーションを使用しました」
「農業は、国家で最も危険な雇用環境のうちの1つと同様に経済富の主なドライバーです。もし私たちが労働者と農民への害の原因を正確に数えて明らかにしたなら、それはより強力な経済力であるといえるでしょう。」とリーが言った。

2014-04-16---仕事中に病気になる農業労働者の四分の三以上は、報告されなかった。
2014-04-14---より安い遺伝子検査で、医者がそれらの患者のよりよい医学の推薦を助けた。
2014-04-14---アルツハイマー病の重要な危険要因伝子の変異体は、男性より女性がさらに危険。
2014-04-10---脳神経細胞は、神経成長を援助すると分かった。
2014-04-09---不規則な月経期の女性は、卵巣癌の危険が2倍であった。
2014-04-01---睡眠に関する問題は、年齢にリンクした。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告