gaYa広告

2014年04月17日

インドネシアは、14歳の雄のオランウータンを救おうとしている。

美容と医学の科学自然

米国の雑誌「TIME」は、オランウータンの生息地と生活はプランテーションと密漁者を育てることにより脅かされていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

このオランウータンは、霊長動物生息地がヤシ油プランテーションに変換されている土地により縮んでいるLangkat地区の近くで、2014年04月15日に彼の体の中の空気ハンマー金属小球を撃たれ、悪化する危機的な密猟の犠牲として救出された。

インドネシア山林学人員省(Indonesia’s ministry of forestry personnel)と、オランウータン・インフォメーション・センター(Orangutan Information Center)は、絶滅しそうなオランウータンのために、ヤシ油プランテーション、密漁者およびペット所有者から何百もを危険から救った。

200以上は荒野へ再導入した。

スマトラ島のオランウータン保存プログラム・センターの獣医職員は、北方スマトラ島で、2014年04月16日に、Sibolangit地区で、彼の体に埋め込まれていた空気ハンマー金属小球が見つかった14歳の雄のオランウータンの健康診断を行ないっていると報告した。

いつも写真で見てきたが、大人の人と、このように比較したら、14歳の雄のオランウータンが、こんなに大きいとは知らなかった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト