2014年04月17日

Azimoは、なぜFacebookがモバイル・マネーが好きか説明。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、モバイルの送金会社Azimoの創立者でのCEOマイケル・ケント(Michael Kent)はMobile World Liveで、AzimoがFacebookとの協力にリンクされたのは、P2Pのモバイル・マネーにソーシャル・ネットワーキング大手他を引き付けて、実践していると説明した。

1つは、近い遍在としてのモバイルの浸透した存在で、それは現金を送り受け取る手段になっている。

第2の要因はFacebookに、その場所での強さがあることである。

「送金処理を備えた2つのものがある。」と、イギリスに本部を置いたAzimoのボスがコメントした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「1つは物理的な現金です。また、より複雑なビットは情報の流れです。」

送金処理は、送り手の認証を含んでいる。また、現金がどの途中か、また、それらがどのようにそれにアクセスすることができるか受取人に伝えることである。

Facebookは、「金銭を送るコストを下げる情報フローのファシリテーターとして働くかもしれない。」と、ケントが言った。

さらに、彼は、メディア報道にその週で以前に続くフェースブックに関するステートメントで、「会談を確認し、否定することができない。」と、慣習的なものを出すように注意した。

ケントは、Facebookが正確にモバイル送金額に興味を持っている唯一の会社ではないと言った。

他のインターネット大手は、さらに、携帯電話会社がスコーピングであるのと同じくらいよく機会を追い出している。

興味の理由はm見つけるのが難しくない。

海外のディベロップメント研究所送金市場による今週の報告書は、アフリカ人が現職者ウエスタンユニオン(Western Union)とMoneygramによって送金額に課されたチャージのために「最高の税」を納付していると述べた。

その報告書は、2012年にアフリカへ送られたイギリスの例を挙げ、US$50億と言った。

もし振替手数料が5%まで低下すれば、世界平均へイギリス送金コストの平均縮小は、US$2億2500万上昇して、振替をUS$8500万増加させることができる。

チャージは典型的に現在8〜9%である。
しかし、新参者の振替手数料は、著しくより低い。

ケントは、Azimoの振替手数料が1-2%であると言った。

振替手数料が振替金額で異なるのは、事故に遭ったときの保険料である。
この保険料を抑えることで、さらに安くできる。

とくに,家族への仕送りなどの少額は、徹底的に下げることで,顧客は爆発的に増えることだろう。

スマートフォンで買い物は,かなり窮屈であるが,マネー振替のモバイル・バンキングに限定するとかなり便利である。
何でもスマートフォンに期待するのは,間違いである。

2014-04-15---Googleは、新興市場でインターネット・アクセスを広げる会社を買収。
2014-04-14---Facebookが、モバイル・マネー・サービスを計画中。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。