2014-04-17

オレンジ・マネーは,1000万人目の会員を達成し、新しい計画を概説。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、オレンジはモバイル・マネー・サービスの「オレンジ・マネー(Orange Money)」がダカールで,1000万人目を記録したので、オレンジは2014年のモバイル・マネーのために新しい目的を概説したと報告した。

オペレーターの焦点は、現在の預金がない銀行口座を持った顧客のための開発途上の新しいサービスと同様に、国際的な振替のために追加の国々間の通路を開き、スマートフォンのための新しいインターフェースを考え出すことを望んでいる。
それは発展途上の世界においてより広範囲になっている。

[AD] You can advertise on this site.

「オレンジ・マネー」の振替手数料は€5である

さらに、それは中東で存在感を持っているが、オレンジ・マネーは今、アフリカで13カ国で目立って利用可能になっている。

フランス領や元フランス領の国がアジアやアフリカ、アラブには多いので,国債振替がかなり盛んになっている。
しかし、それは実際にはモバイル・マネーと言うより,モバイル・バンキングである。

多くが,言葉を混乱している。
しかし、実際にもその境が曖昧にもなっている。

いくつかの国々では、40%以上のオレンジの顧客はみな、オペレーターからの金銭取り引きを持っていると言っている。

2013年には、€22億以上の処理がサービスによって行なわれた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.