on-the-time.jp

2014年04月17日

新種の毒蛇は,チョモランマで見つかった。

新華社は、中国の科学者は、西洋でエベレスト山(Mount Everest)として知られている、チョモランマ(Mount Qomolangma)で、科学研究として野生生物上で1970年代以来最大の新しい1種の褐色を帯びたクサリヘビ(brownish pit viper)を発したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2012年に南部チベット自治区の基隆ヴァリー(Jilong Valley in southern Tibet)で最初に発見された。調査チームの共同チーフのフー・フイジャン(Hu Huijian)は、Protobothrops Himalayanusが、遺伝子分析で、新しいヘビ類であることを示した、と木曜日に新華社に伝えた。

新しい種名は、そのホームであるヒマラヤ山脈(Himalayas)に敬意を表して指定された、とフーが言った。

(国際的な権威のある学術誌「Asian Herpetological Research(アジアの爬虫類学のリサーチ」)で公表された発見は、チベットの生物多様性のより多くの証拠である、と彼が付け加えた。

現在、7種類のProtobothropsが中国に居住すると知られており、それらのうちの多数が高い高台で山エリアを好み、有効な12種が知られている。

(Photo Caption: Protobothrops himalayanus sp. nov., ZSI 25990 (paratype),an adult male from Chungthang, northern Sikkim, India. Photo by Basundhara CHETTRI.)

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。