gaYa広告

2014年04月16日

12の考えとして、Googleのモジュール電話Araは、驚き!

米国の雑誌「TIME」は、もの凄く野心的で、それを落とすとバラバラになってしまわないことを目指しているが、それは、もうすぐ米国にやってくるかもしれないと言っている。

Googleが2013年10月に発表したモジュールのスマートフォンを作るその計画Project Araは、いくつかの写真と他のわずかしかを共有しなかった。

今週、シリコン・バレーのコンピューター歴史博物館で、第1回Project Ara開発会議を主催し、nittyを丹念に調べていると言っている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

それは初めて公的にプロトタイプを示しており、ハードウェアへの技術がそれを巧みに計画実行することを説明し、それが望む、プラットフォーム用に材料を構築することにしている。

米国の雑誌「TIME」のハリー・マックラッケン(Harry McCracken)は2014年02月に、Project Araへの最初の詳細な注視を報告していた。

それは、Googleが開発者会議で議論しているというほとんど重要な事実を含んでいた。

少なくともここまで:それはまだ進行中である。

ハリー・マックラッケンは、Project Araが非常に野心的で、魅惑的で、いくつかの点の中で奇妙にするものの更生を紹介している。

1.無限にカスタマイズ可能な電話。
It’s an infinitely customizable phone. Every feature — the screen, the cameras, the battery, stuff nobody has invented yet — comes in the form of a tile-shaped module. You slip these modules into a framework called an “Endo” to build a phone with the features of your choice. And modules are interchangeable, so you could decide to skip the rear camera and slide in a second battery, for instance.

2.初めはあなた向けではない電話。
It’s not going to be for you, at least at first. The concept sounds like it’s aimed at lovers of bleeding-edge gadgetry. But Google wants to offer Project Ara phones to folks who’d otherwise be unable to afford any smartphone. It plans to roll out the platform in developing nations first, and isn’t saying when it might reach the U.S.

3.最も安く、最も基礎的な電話は、非常に安く、非常に基礎的。
The cheapest, most basic phone will be very cheap and very basic. With the target market in mind, Google aims to offer a $50 “grayphone” starter model — no wireless contract required. That version wouldn’t have frills such as one or more cameras. It wouldn’t even be capable of working on cellular networks — just Wi-Fi. But owners could upgrade their grayphones on the fly as their needs changed and budgets permitted.

4.速く効率的にしようとしている。
Google is trying to do this fast and efficiently. Work began on Ara in earnest only a little over a year ago, and only a handful of Google employees are involved, along with outside collaborators as required. The company plans to have its first phone on the market in January 2015.

5.米国国防総省の革新へのアプローチによって励起。
It’s inspired by the U.S. Department of Defense’s approach to innovation. Project Ara is part of Google’s Advanced Technology and Projects group, which models its small-team, tight-deadline approach on the Defense Department’s fabled Defense Advanced Research Projects Agency, which brought us the Internet and satellite navigation, among other things. Regina Dugan, who heads ATAP, is a former DARPA director; Paul Eremenko, who’s spearheading Ara, is also an alumnus.

6. Googleは、ハードウェア用アンドロイドと見なしてる。
Google thinks of it as Android for hardware. The company’s mobile operating system has done well because it’s essentially a joint effort between Google and the multitudes of software developers who have embraced it. The idea of Project Ara is to allow even tiny companies with inventive ideas to make modules and market them to phone owners — a big shift from the current situation, in which a few large manufacturers crank out one-size-fits-all phones designed to please the masses.

7.電話は期待するほどかさばっていない。
The phone isn’t as bulky as you’d expect. You can’t build a phone made out of multiple blocks and make it as skinny as the skinniest entirely-self-contained handsets. But Google’s prototype is 9.7mm thick, which is only half a skosh chunkier than the new HTC One M8. (The final shipping version may be slightly thicker.)

8.それを落としても、ばらばらにならない。
It won’t fall apart if you drop it. At least that’s the idea. The modules will use capacitive technology for electrical connections, and will lock in place using super-strong magnets (for modules on the back) and latches (for ones on the front). Google says an Ara phone should be as sturdy as a typical smartphone.

9.突破口は3D印刷。
The project involves some 3D printing breakthroughs. Project Ara modules will be encased in covers that will be produced on demand using a new generation of 3D printers designed by 3D Systems. Consumers will be able to pick custom designs and snap new covers onto their old modules if they choose.

10.どのように売られるか。そのビジョンはかなり風変わり。
Google’s vision for how Project Ara phones will be marketed is pretty wacky. The company is designing portable stores, which it will be able to ship by sea to the first countries where Ara phones will be available. It’s also developing technology that will do things such as measure your pupil dilation and scan your social networks to help you choose an Ara phone that matches your personality.

11.プラットフォームは第三者に多く要求し、GoogleはEndoだけ。
The platform is going to require lots of enthusiasm from third parties. The only Google-branded part of the hardware will be the Endo. Everything else, like batteries, wireless subsystems, cameras and sensors will be produced by other companies, who will presumably only choose to get involved if they think they can make money. If only a handful of such companies buy the vision, it won’t work.

12.合理的なレスポンス。
Being both excited and skeptical is a reasonable response. I’m glad Google is trying this: It involves both a big dream and multiple technological innovations, and it’s going to be awfully neat if it takes off.

Googleの試みは、大きな夢と多数の技術革新の両方を含んでいる。
また、それが発売される場合、とてもきれいでしょう。
しかし、それは、火の玉のジョン・グルーバー(Daring Fireball’s John Gruber)を試みるように、本能的に曖昧な人々は不合理であると思うことを意味しない。

多くのものは、機能的製品への突飛な概念から多数の人々が望む何かまで進化するために、Araのためにぴったり収まらなければならない。

また、Googleが来年の1月に発売する準備ができていることが確かであるある場合、それは旅行の終わりではなく始まりになる。

そう言えば昔、ビデオカメラの完全分解解説マニュアルを作ってくれと言われたことを思い出す。
あの手に入るビデオカメラには、カメラ機能、ビデオ機能、テレビ機能がびっしりと詰まっていて,メーカーは・それぞれの部門は知っているが,すべてが合体して組み合わさると,メーカーにも判る人がいないことが明らかかになった。

昔はモジュールが複雑に絡み合い、電線コードで接続されていた。
分解すると,2度と組み立てられないと言っていた。

KDDIのauは、デアゴスティーニによる 「週刊スマホを作る」を創刊したと報告したが、10年間部品を買い続けるともの凄く高くなるが、GoogleのAraはそれよりかなり安いことだろう。

デアゴスティーニのロボットで大失敗したので、 「週刊スマホを作る」は興味が無い。
しかし、私も安ければ、GoogleのAraは1台欲しい。

どんどん合体していくと自動車でないと持ち運べなくなるかも〜
いや、Googleの無人自動車や無人機になると---やっぱり欲しい。

2014-04-01---10年間かけてスマホを組み立てる「週刊スマホを作る」創刊!
2013-10-29---Google、自分用の携帯電話組み立てプロジェクトを開始。
2013-10-25---レゴのように組み立てることができる携帯電話。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告