2014年04月17日

Googleのメイン収入である広告が落ち,株価が急落している。

BBC Newsは、Googleの株価は、第1四半期利益が3%の上昇にもかかわらず、株価が5%も落ちた。

利益はUS$34億5000万であった。
しかし、投資者は、広告費を維持するGoogleの無力によって先取されたと言っている。

Googleは多くに手を出しているが,メインは広告収入である。
広く見られた手段として、平均「クリック単価」は、1年前から9%下がっていた。
これは大きい!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

報告書の中で強調された別の弱点は、モトローラ・モビリティ(Motorola Mobility)のレノボ(Lenovo)への割引された販売であった。

Googleは1月にレノボにスマートフォン・メーカーを売った。そのために、2年未満前に会社にUS$125億を払った後、US$130億まで接近して、売った。
投資者の反応にもかかわらず、Googleの最高経営責任者ラリー・ペイジ(Larry Page)は楽天的であった。
「私たちは別の大きな地域を完成しました」と彼が声明で言った。

「私たちは特にモバイル上で、多くの製品改善を行いました。さらに、私は私たちの新興ビジネス上の進行で興奮します。」

しかし、Googleは、広告主を課すその能力と戦い続けている。、モバイルの広告のより高い価格は、ますます多くの消費者がスマートフォンを通って、Googleのブラウザにアクセスして、それらはますます重要である。

広告主は、非常にGoogleの生計のためのデスクトップ広告と比較されたモバイル・スクリーン上の広告で、どのように払うに乗り気でないと分かった。
それは会社の主な収入ジェネレーターであった。

モバイル広告の割合は、ニーダム社のアナリスト、ケリー・ライス(Needham & Co analyst Kerry Rice)によれば、パソコンと同じくらいに半分でありえます。

しかし、Googleは、消費者がモバイル・デバイスを使用して、製品を買うことがより容易になるとともに、モバイルの広告価格がPCに結局追いつくことを予期しますと、Google最高ビジネス責任者ニケッシュ・アロラ(Google chief business officer Nikesh Arora)が言った。

実際は、モバイル・スクリーン上で製品を買うには、スクリーンが小さすぎると言う弱点がある。
つまり、実際には商品の比較ができない。買う気にならない。
これを克服するには,タブレットの普及になる。

ところがさらにスクリーンの小さなウェアラブルに受かっている。

そして、モバイル・マネーでのつまずきは、さらに厳しくした。

Googleは、非常に、電話、無人飛行機、Google Glass、およびサーモスタットと火災警報などに投機的に分かれて、近年製品のそのファイルを多様化させた、とCNet技術アナリスト、ラリー・マギッド(CNet technology analyst Larry Magid)が言った。

「これらの正気でない考えのうちのいくつかは、それほど正気でないわけではなく、より有益になる必要があります。」と彼がBBCに伝えた。

「それらのコアビジネスは、実際にもたらすものは、それらが危険なほど少量のお金を得始めている。」
Googleの結果は水曜日に投資者を失望させるただ一つの結果ではなかった。

技術大手IBMは、5年で最低の四半期収入を報告した。

IBMは、収入が4%、US$225億落ち、その低下が低迷するハードウェア販売に起因すると考えた。

政府と企業がオンライン・サービス、大規模データ分析およびITセキュリティに近づくとともに、企業技術支出は従来の計算する巨人から他へ移った、とFBRアナリスト、ダン・アイヴス(FBR analyst Dan Ives)が言った。

2014-04-15---Googleは、新興市場でインターネット・アクセスを広げる会社を買収。
2014-04-15---Googleは、モバイル・ペイメントを継続すると言った。
2014-01-30---Googleは、US$30億でレノボにモトローラ・モビリティを売った。
2013-08-15---レノボは、スマートフォンとタブレットの販売によって押し上げられた。
2013-08-04---モトローラは、Google Glass Headsetsの製造で協力。
2013-07-19---Googleは、もの凄いモバイル機会の可能性を強調!
2013-07-11---Googleは新しいモトローラ・スマートフォンでUS$5億電撃戦を計画。
2013-07-09---Google Glassは、app storeで発売する準備ができている。
2013-05-03---ミステリー・モトローラ・スマートフォン写真が漏れた。
2013-04-26---Google Glassで、拍車がかかったスマート眼鏡。
2013-03-13---Googleは買収したMotorolaの社員、さらに10%をカット!
2012-08-30---モトローラ元社員、企業スパイで投獄!
2012-07-27---Motorola Mobilityは、シカゴのダウンタウンに引っ越す。
2012-05-20---Google、 Motorola Mobilityの株式公開買付けの最終承認を獲得!
2011-10-11---元モトローラのCEOで会長のロバート・ガルビンが死去した。
2011-09-14---Googleのモトローラ乗っ取り舞台裏。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト