on-the-time.jp

2014年04月16日

メタンハイドレートは、汚い燃料か?あるいはエネルギー救済か?

BBC Newsは、世界中が炭化水素に没頭し、そして、なぜか見ることは簡単なことである。
安く、豊富で、私達がりようするものにとって簡単で、それらは、世界中で、産業振興をあおるために豊富なエネルギー源を表わしている。

しかし、副作用は潜在的に荒らしている。
化石燃料を燃やすことは、地球温暖化にリンクされたCO2を放射する。
また、石油、石炭およびガスの埋蔵量がアクセスすることがより頑丈になっているとともに、政府はエネルギーを生産するだけでなく、エネルギーの独立で、すべての主権国家の究極の目的を達成するのを支援するために選択肢はさらに熱心に見えている。

いくらかは永久凍結層の深海ベッドおよび広大な包帯の下でしまい込まれて、潜在的な救済者を発見した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

問題は、それが炭化水素であるということである。
しかし、任意の他のものと異なり、私たちは、それを知っている。

それは、火氷として知られて、自然なメタン・ガスを備えた氷晶が内側にロックしたとともに、メタンハイドレート(methane hydrate)は示された。

それらは低温と高圧のコンビネーションによって形成され、米国地質調査所地図9US Geological Survey map)で、主として海底が深海床に急激に遠方に立ち寄る大陸棚の端で見つかる。

また、これらの合成物の蓄積は巨大である。

イギリス地質調査所のクリス・ロシェル(Chris Rochelle of the British Geological Survey)は「評価は、ほぼ同じ量の炭素がメタンハイドレートと同じようにそこにあることを示唆し、惑星上で1つの有機体炭素蓄積である。」と言った。

言いかえれば、組み立てられた世界中の人の油、石炭およびガスよりメタンハイドレートにさらにエネルギーがある。

圧力を低下させるか温度を上げることによって、水酸化物は、単に水とメタンへと分離し、多くのメタンを放出する。

それを非常にエネルギー集約的な燃料にする1立方メーターの合成物に対し、160立方メーターのガスをリリースする。

これは、豊富な埋蔵量、およびメタンをリリースする比較的単純な過程と一緒に、多くの政府がこの重い潜在的なエネルギー源にますます興奮していることを意味した。

しかし、その問題は水酸化物にアクセスしている。

全く深海棚の底にそれらに達することとは別に、低温および非常に高圧で作動することは言うまでもないために、海底を不安定にする潜在的に重大な問題がある。
それは地滑りを撃沈するためにリードすることができる。

より大きな潜在的な脅威はメタンの回避である。

水酸化物の局所的なエリアからガスを抽出することはあまり、多くの障害を示さない。
しかし、水酸化物のブレークダウン、および周囲の構造中のメタンの後のリリースを防ぐことはより困難である。

また、メタンの回避には地球温暖化用の重大な結果がある。
最近の研究は、ガスがCO2より30倍以上破壊することを示唆した。

これらの技術的な挑戦は、それを理由に、まだ、メタンハイドレートの工業規模生産は世界に存在していない。

しかし、多くの国々は近づいている。

完全に有機化学の世界である。

韓国、インドおよび中国がさらにそれらの埋蔵量の開発を見ている間、米国、カナダと日本は、すべて研究へ、数百万ドルを耕し、多くのテスト・プロジェクトを実行した。

米国は、国家研究開発プログラムを1982年と同じくらいはるかに以前に始めて、1995年までにガス水酸化物資源のその評価(assessment of gas hydrate resources)を完成した。

それは、それ以来まだ走る5つのプロジェクトと共に、サウスカロライナの沖合(coast of South Carolina)、アラスカ・ノーススロープ(Alaska North Slope)、およびメキシコ湾の沖(offshore in the Gulf of Mexico)で、ブレーク・リッジ・エリアの試験計画を実施した。

「一部は、[私たちはそれを見る]巨大な可能性を備えた刺激的な機会として、よりよくこの国内の資源を理解するために研究開発を行い続けた。」米国エネルギー省のクリス・スミスは言います。

米国はカナダと日本と一緒に仕事をした。
また、1998年以来多くの成功した。
2012年にはアラスカで、昨年3月より著しく日本の中央の海岸沖の南海トラフで揚水試験が最も最近あり、メタンハイドレートからの天然ガスの沖合いの抽出で最初に成功した。

積極的にメタンハイドレートを研究するすべての国々のうち、日本が最も大きな誘因を持っている。

エネルギー・コンサルタントであるウッド・マッケンジーのスティーヴン・オローク9Stephen O'Rourke, of energy consultants Wood Mackenzie)が、「それはガスの世界で最も大きな輸入業者で、その結果最も高いガス輸入支払いがあります。」と言うとともに、しかし、彼は、年間正当なUS$1億2000万で、日本政府のガス水酸化物についての研究用年間予算が比較的低いことを指摘した。

この十年間の終わりまでに、営業生産を確立する国の計画は、やや楽観的に見える

しかし、より長期的なので、可能性は巨大になっている。

「メタンハイドレートは日本のために完全な意味をなし、ゲーム・チェンジャーでありえました。」とIEA(International Energy Agency/国際エネルギー機関)のラスロ・ウァロ(Laszlo Varro)が言った。

他のところでは、ガスを営利上開発する誘因はより今のところ、押していない。

米国はシェールガス好況の最中で、カナダはさらに豊富な頁岩資源を持っている。
その一方でロシアは巨大な天然ガス埋蔵量を持っている。

実際、カナダは、所有しているメタンハイドレートについてのその研究で、どんな追加融資も延期した。

中国とインドは、彼らの暴れ回るエネルギー需要で、別問題である。
しかし、水酸化物を開発しようと努力して、それらははるかに離されている。

「私たちはある最近の進行を見ました。しかし、私たちは2030年前までに商用ガス水酸化物生産を予知しません」とオロークが言った。

確かに、IEAは、次の20年間で、その世界的なエネルギー予測にガス水酸化物を含んでいない。

つまり、日本はやたらに燃えているが,世界は冷めている。

カナダは、研究を停止し、米国は火を付けて逃げ出した。中国は研究を盗もうとしている。インドは騒ぐだけ!研究を続けているのは低予算で日本だけ!
だけど、原子力でも孤立したが,成功した。

それはすべて悪いニュースだけではない。
氷の中に閉じ込められたメタンを解放する1つの方法は、それを交換するためにCO2の中で汲んでいる。
それはこの温室効果ガスを安全に格納する方法のまだ未解決の問題に対する答えを示すことができた。

しかし、メタンハイドレートは石炭または石油より清潔かもしれないが、それはまだ炭化水素である。
また、燃えたメタンはCO2を作成する。

また、問題はCO2である。

2014-04-13---国連,最大のエネルギー源変更が必要。
2014-04-13---3回目の国連気候報告書への反応。
2014-04-13---石炭ガス化は、将来のクリーンエネルギー?
2014-04-07---米国海軍は、海水を燃料に変換することができると言った。
2013-05-13---カナダ政府、メタンハイドレート研究を停止。
2013-05-12---米国の天然ガス輸出計画は、撹拌。
2013-04-29---安倍首相は、最初の領土紛争とエネルギーのトップ会談でロシアに向かった。
2013-04-18---日本の報告書は、貿易赤字の新記録を発表。
2013-04-07---南シナ海の問題の島パーセル諸島に中国、観光客を誘致。
2013-04-06---中国のシェールガスに対する大がかりな探究。
2013-03-16---中国がメタンハイドレート開発で、新たな技術研究を開始。
2013-03-12---「メタンハイドレート」はシェールガスに匹敵できるのか?
2013-03-12---メタンハイドレートからのガス産出に成功。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト