2014-04-16

百度(Baidu)が、モバイル・ペイメント・アプリを開始。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ライバルのAlibaba(阿里)とTencent(腾讯)に遅れた中国の検索エンジン百度(Baidu)はそれ自身のモバイル・ペイメント・プラットフォームを始めたと報告した。

つまり、中国でモバイル・マネー三国志が始まった。

[AD] You can advertise on this site.

新しい百度財布アプリ(百度钱包/Baidu Wallet app)は、1つの支払い、振替および財産管理サービスである。

Alibabaは2013年に最初のAlipayウォレットを公開した。
また、Tencent Wechatペイメント・アプリ(Tencent’s Wechat payments app,)はその年に続いた。
それは同じ名前のポピュラーな通信アプリにリンクされている。

今、AlibabaとTencentは、中国のインターネット市場のもう一人の有名人からの競争に直面することになった。

しかし、プレーヤーは、国の急成長するモバイル・ペイメント市場の規定上のハードルに面している。

中国の中央銀行は、QRコードによって支払をするためにモバイル・デバイスを使用することと同様に、仮想クレジットカードを始めるためにAlibabaとTencentによって最近計画を阻止した。

中国人が,仮想やプラスチック・マネーを信じるとは,考えにくい。
彼らは,紙の紙幣も信じない,信じるのは金である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE