gaYa広告

2014年04月17日

黄河上流で、また豚の死骸170頭以上を発見。

美容と医学の科学

AFPは2014年04月17日に、国第2の長さを誇る大河、黄河(Yellow River)の上流で、少なくとも170頭の豚の死骸が流れているのが見つかったと、国営新華社(Xinhua)通信が2014年04月17日伝えたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

中国では、たびたび豚やアヒルなどの死骸が川で大量に見つかっている。

新華社によると、豚の死骸が発見されたのは中国北西部の青海(Qinghai)省を流れる黄河の支で、中国では死んだ豚やアヒルなどが川に流される事件が相次いでいるが、これほど上流で見つかった例は初めてだと言っている。

畜産業界に詳しいアナリストによると、中国では病気で死んだブタの処分にかかる費用を免れようとして養豚農家が死骸を川に捨てることがあるという。
昨年は、上海(Shanghai)の河川で1万6000頭のブタの死骸が川面を漂っているのが発見された。

中国中部の江西(Jiangxi)省の川でも先月、157頭のブタの死骸が見つかっている。
国営メディアは2014年043月、南西部の四川(Sichuan)省では毎月500頭のブタの死骸が河川から回収されていると報じていた。

これも中国の教育と言える。
このような身勝手で、自分本位な発想では,大気汚染を緩和することが不可能である。

食の中国で、食物博物館を作る前に、すべきことがある。
国家安全保障で、共産党の汚職を摘発すると言っているが,国民教育ができない限り、根絶やしにはできない。

それに気が付かない共産党の未来は,暗い。

何となく目の前の処理だけで済ましているのでは,何も解決していない。

2014-01-31---食の中国で、食物博物館。
2014-01-24---習近平は国家安全保障委任をリードすると言った。
2014-01-14---中国の深圳にあるクローニング工場では、クローン・ブタを量産。
2014-01-09---肉を食べる人の変わる世界を図表化した「肉アトラス(Meat Atlas)」
2013-10-18---北京の絶倫料理は、動物のペニス鍋。
2013-08-21---豚と残飯!ブタは、不用の食物からの残り物を与えて育てるべきか?
2013-07-16---中国国内食品ブランド、中国で崩壊。
2013-05-30---上海は、米国の豚肉をUS$47億で購入。
2013-05-27---中国、毎年500億kgの食糧を無駄にしている。
2013-04-08---中国の「豚」の次は「鳥」、家禽飼養産業に大きな痛手!
2013-04-03---中国で3人を殺した鳥H7N9ウィルスは、H5N1より暗黙の脅威。
2013-03-25---今度は、四川の川で約1,000のアヒルの死骸が引き上げられた。
2013-03-16---上海とその近くで引き上げられた豚は、12,566頭になった。
2013-03-10---上海の川から、900頭の死んだ豚が取り除かれた。
2012-06-15---中国の水銀に汚染された赤ちゃん用ミルクをリコール!
2012-01-19---中国の輸入品に対する渇望は今、雌牛を含んでいる。
2011-04-02---中国の乳製品企業、半分近くが不合格 生産許可取り消し!
1955-08-24---森永乳業の粉ミルクからヒ素を検出した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。