on-the-time.jp

2014年04月15日

ケニアは、3つのMVNOの許可により、モバイル・マネーをシェークした。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ケニアのコミュニケーション委員会は3つの新しいMVNOとして、「Mobile Pay」「Finserve Africa」「Zioncell Kenya」に許可を与えたと報告した。

これによって、Safaricomのm-Pesaによって現在支配されている、国内のモバイル・マネー市場を分裂させる可能性を期待している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

新参者は顧客登録、SIMカード配給、ビリングおよび顧客に対する配慮を提示することができる。

さらに、それらは自分の番号付けする範囲を割り当てられると予測されている。

それらはすべて、Safaricomに次ぐ、2番目に大きいAirtelのネットワーク上で提供される。

「Mobile Pay」はタンガザ・ペサ(Tangaza Pesa)よって支持される。
それは既にモバイル・マネー・トランスファー・サービスを提供している。

しかし、それ自身のSIMカードを使用して、サービスを提供することは、会社のマージンを改善することになる。

Tangaza Pesaの創立者および最高経営責任者オスカー・イキヌ(Oscar Ikinu, founder and chief executive of Tangaza Pesa,)は、「我々がコアビジネスとしてモバイル・マネー・サービスを継続する一方、我々の顧客はさらに音声、データおよびSMSサービスにアクセスするだろう。」と新聞The Daily Nationに伝えた。

彼はその価格を明らかにしなかったが、オスカー・イキヌはそれらが新しい顧客を誘惑するためにモバイル・ペイメントを利用することができ、評価されたサービスが加えられてあるので、音声、データおよびSMSが現行価格以下に提示されるだろうと言った。

「Finserve Africa」はケニア公正銀行(Kenya’s Equity Bank)に支持される。
それは、以前に失敗のM-Keshoで、モバイル・バンキングと貯蓄サービスのSafaricomと組んだ。
このサービスは、2つの会社間の不一致のために失敗した。

今、銀行は、実施するためにそのMVNOライセンスを使用するだろう。それでまた、元のパートナーから市場占有率を奪うことを単独で試みる。

「Zioncell Kenya」は、一連のモバイル決済サービスを提供する現地会社Mobile Decisioningの子会社である。

それは主として、若いクリスチャンを対象とする。

モバイル・マネー・サービスをより効率的に提供することに加えて、会社は、競争料金で音声、データおよびSMSを提示するために、そのMVNOライセンスを使用すると考えられている。

別々に、規制者は、それが国のオペレーターの間の全国ローミングを命じたいが、AirtelとSafaricomの間の事件での裁判判決を待たなければならないだろう、と言った。

より小さなオペレーターは、m-Pesaプラットフォームへのアクセスを与えられたい。

規制者は、ローミング手段が国のモバイルの市場(ちょうどモバイルでない金銭)でさらに一層の競技を促進することを望んでいる。

2014-04-11---口座名義人に金融サービスを提供するために、Equity Bankは携帯電話銀行業務に参入。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告