gaYa広告

2014年04月16日

スペインの15世紀からある小村は、無料です。

BBC Newsは,スペインの北西部小さな15世紀小村Aバルカ(A Barca)は、新しい所有者を捜していると報告した。

適任者は無料で、12軒の砕ける家と、それらを囲む絵のような土地を手に入れることができる。

土地代が高い日本から見ると、夢のような話しである。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

村民は、1950年代の終わりに巨大なダム計画によって、やむを得ず、家を捨て去った。

しかし、今、Aバルカを管理る地方自治体コルタガーダ(Cortegada)の市長は、オリジナルの建物を保存し、かつコルタガーダの人々に雇用を供給するために開発計画を考え出し、無料で小村を提示して、新しい所有者に提供することにした。

アベリーノ・ルイ・デ・フランシスコ・マルチネス市長はBBC Newsを案内し、村中を回った。

Aバルカは海も近く、川も流れ、Aバルカのペネダ=ジェレッス国立公園に近いポルトガルとの国境のすぐそばである。

ただし、家はさすがに古く,屋根は崩れ落ちている。

スペインの北西部小さな15世紀小村Aバルカ(A Barca)のGoogle Earthポインター情報
42°12'53.3"N 8°09'52.8"W
または、
42.214814, -8.164667

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト