gaYa広告

2014年04月15日

Googleは、モバイル・ペイメントを継続すると言った。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Googleペイメントを備えた製品管理のVPのエーリエル・バーディン(Ariel Bardin)は、探索大手がその成長の遅いウォレット・サービス(wallet service)あるいはモバイル・ペイメント(mobile payments)に、一般に見切りをつける意図を持っていないと聴衆に伝えた、とCnetが言っていると報告した。

イベントElectronic Transactions Association’s Transact 2014で、「私たちはしばらくの間これを続けている。」で言った。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

「また、私たちはずっとこれをし続けるでしょう。」とも言った。

しかし、会社は、クレジットカード詳細を格納するクラウドに基づいたHCE(host card emulation /ホスト・カード・エミュレーション)技術に搭載されて、NFCに基づいたペイメントへの最初の焦点からのウォレット(wallet/財布)を発展させなければならなかった。

HCEは、最新バージョンAndroid 4.4に含まれていた。
それはより多くの開発者にNFCをオープンにする。

「私たちがハードウェアに依存されて、最初に使用した技術」とバーディンは言った。

「また、そのアプローチを使用して、ドアからそれを出すハードルの房がありました。したがって、私たちは、ソフトウェア中の安全な要素をエミュレートし、アンドロイドの中でそれを中核サービスにすることができたかどうか私たち自身に尋ねました。」と言っている。

ただし、Googleのモバイル・ペイメントは、あまりにもごたつき、諦めたのではないかという噂が出ている。

その根本が、残念ながら。Googleは、モバイル・マネーが判っていないのではないかと,考えられる行動が,ときどきうかがえることであった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト