2014年04月16日

ウクライナで、クラマトルスクの不安な孤立。

戦争と平和

BBC Newsは、東ウクライナのクラマトルスク(Kramatorsk)の町の人々は非常に神経質になっていると報告いた。

多数が,何日もの夜に、眠っていない。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ウクライナの外装したAPC(armoured personnel carriers/軍用人員運搬車)が2014年04月16日水曜日に町に現われた時、人々は速くそれらを囲んだ。

群衆からの人は尋ねた。
「自分達に不利に行動する。」
「なぜ私たちの土地へ来たのですか。
「なぜ私たちのフィールド上に運転しているのですか。私たちは平和な人々です!また、私たちは、ただ要求が尊重されることを望みます!」」と、何人かの兵士が非難された。
兵士は十分な格闘ギヤーに自動火器を備えたAPCの上で座っていた。

「私は、それらが私たちをねらい撃つことができることを知っています、しかし、私たちは鉱夫です、私たちは毎日死を見ます。」
「したがって、私たちは恐れていません。私たちは、勝利までここで立つでしょう。私たちは、国民投票が行われることを望みます。私たちは、自分のために将来を決定するべきです。」とその人は言った。

何人かの人々は、兵士を助けることを示唆した。
この人は全く疲れているように見えた。

それらの顔は汚れとほこりで覆われていた。

何人かの人々、特に年を取った女性は、彼らが食物をもたらすことを提案していた。

その間にクラマトルスクから数km遠ざかって、兵士と地元住民の間に実際の孤立があった。

約10台がクラマトルスクの方向に移動していた。
しかし、それらは、兵士を「反逆者」と呼んだ腹を立てた地元住民によって閉鎖された。

「私たちは命令に従っています!」
と指揮官は叫んだ。

「私たちは戦うためにここに来ませんでした。私たちはちょうど動き回っています。私は私自身の人々をねらい撃ちません!」

群衆の中の女性は尋ねた。
「万が一撃てと命令が起こったら、どうしますか。」

「私は命令に従います。しかし、撃つべき命令が起こるなら、私はそれをしません。それは不正でしょう。」

そんなことを信じるほど,国民は馬鹿ではない。

数分後に、しかし、兵士は空中に撃った。

それらは、どうにか抗議者のこのラインを終了した。
しかし、孤立は継続する。

しかし、Google Earthで探すと、こんなところにもピザ屋がある。

東ウクライナのクラマトルスク(Kramatorsk)のGoogle Earthポインター情報
48°44'20.3"N 37°35'04.7"E
または、
48.738967, 37.584633

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト