gaYa広告

2014年04月16日

BlackBerryとNantHealthは、健康スマートフォンを開始。

Mobile World Liveは、ロイターからの情報として、ブラックベリー(BlackBerry)と健康IT会社NantHealthは、今年後半、、あるいは2015年の初めに健康セクターをターゲットにしたスマートフォンをリリースすることを計画していると報告した。

確かに,iPhoneのような万民向けスマートフォンから,ターゲットを絞った時代に移ることも考えられる。

とくに、何でもかんでもてんこ盛りで喜ぶ時代ではなくなりそうである。

iPhoneの真似をして大きくなったサムソンの真似をしても,後は価格競争で利益は少ないことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

今回のニュースは、2つの会社間のより広い発表の一部として発表され、その下で、ブラックベリーはとっています、NantHealthの中の明かされていない株式として、米国の会社、クラウドとモバイルに基づいたヘルス・サービスを専攻することで、健康デバイスに関する声明は、ブラックベリーの企業開発および戦略的計画のヘッドであるジム・マッケイ(Jim Mackey, BlackBerry’s head of corporate development and strategic planning)によって発表された。

ベンダーが垂直の特定のデバイスを開発することができるように、それらはモバイルの世界会議(Mobile World Congress)中にブラックベリーCEOジョン・チェン(John Chen)によるコメントに適合する。

ヘルスケア・セクターは、そのような装置の可能性を持っていることとして、彼が言及した。

さらに、2つの会社は、ブラックベリーで保護されたそのQNXオペレーティング・システムと、安全なメッセージ・サービスとして提案されたBBMに寄付する、新しいヘルス・サービスを共同で開発する。

NantHealthは、健康ITへ多様化する前に、調合薬中で富を築いたパトリック・スーン-シオン博士(Dr. Patrick Soon-Shiong)の媒体である。

NantHealthのITプラットフォームは約250の米国病院に設置されている。

ブラックベリーは、NantHealthのモバイルの産業への最初の接触ではない。

米国オペレーターのベライゾン(Verizon)は、さらに2012年にNantHealthへの投資を行った。

また、ボーダフォン(Vodafone)は前年、遠隔の患者のケアのためのモバイル・データサービスを開発するためにMoUと親会社のNantWorksとの契約した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。