on-the-time.jp

2014年04月16日

BlackBerryとNantHealthは、健康スマートフォンを開始。

Mobile World Liveは、ロイターからの情報として、ブラックベリー(BlackBerry)と健康IT会社NantHealthは、今年後半、、あるいは2015年の初めに健康セクターをターゲットにしたスマートフォンをリリースすることを計画していると報告した。

確かに,iPhoneのような万民向けスマートフォンから,ターゲットを絞った時代に移ることも考えられる。

とくに、何でもかんでもてんこ盛りで喜ぶ時代ではなくなりそうである。

iPhoneの真似をして大きくなったサムソンの真似をしても,後は価格競争で利益は少ないことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

今回のニュースは、2つの会社間のより広い発表の一部として発表され、その下で、ブラックベリーはとっています、NantHealthの中の明かされていない株式として、米国の会社、クラウドとモバイルに基づいたヘルス・サービスを専攻することで、健康デバイスに関する声明は、ブラックベリーの企業開発および戦略的計画のヘッドであるジム・マッケイ(Jim Mackey, BlackBerry’s head of corporate development and strategic planning)によって発表された。

ベンダーが垂直の特定のデバイスを開発することができるように、それらはモバイルの世界会議(Mobile World Congress)中にブラックベリーCEOジョン・チェン(John Chen)によるコメントに適合する。

ヘルスケア・セクターは、そのような装置の可能性を持っていることとして、彼が言及した。

さらに、2つの会社は、ブラックベリーで保護されたそのQNXオペレーティング・システムと、安全なメッセージ・サービスとして提案されたBBMに寄付する、新しいヘルス・サービスを共同で開発する。

NantHealthは、健康ITへ多様化する前に、調合薬中で富を築いたパトリック・スーン-シオン博士(Dr. Patrick Soon-Shiong)の媒体である。

NantHealthのITプラットフォームは約250の米国病院に設置されている。

ブラックベリーは、NantHealthのモバイルの産業への最初の接触ではない。

米国オペレーターのベライゾン(Verizon)は、さらに2012年にNantHealthへの投資を行った。

また、ボーダフォン(Vodafone)は前年、遠隔の患者のケアのためのモバイル・データサービスを開発するためにMoUと親会社のNantWorksとの契約した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。