2014年04月16日

「BRICS」に続くのは、「MINT」か「PPICS」か「CIVETS」か?

戦争と平和

AFPは、過去10年間、中国やロシアなどの新興市場の台頭は世界経済を立て直してきたが、市場の成熟とともにその勢いは減速しつつあり、新たな新興国に目が向けられはじめていると報告した。

金融危機の際にも世界経済を支えた世界新興国「BRICS」5カ国ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)、南アフリカ(South Africa)だったが、今は成長に苦しんでいる。
そして「BRICS」に続き、今後、新興国として大きなけん引力が期待されているのは「MINT」、「PPICS」、「CIVETS」であると言っている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

3月後半、中国とブラジルで経済減速の兆しが顕著になったが、同じ時期、フランスの保険会社コファス(Coface)が「次世代の新興国(neo-emerging)」として注目する10カ国の「PPICS」を発表した。

10カ国の「PPICS」とは、ペルー(Peru)、フィリピン(the Philippines)、インドネシア(Indonesia)、コロンビア(Colombia)、スリランカ(Sri Lanka)と、ケニア(Kenya)、タンザニア(Tanzania)、ザンビア(Zambia)、バングラデシュ(Bangladesh)、エチオピア(Ethiopia)である。

コファス、BRICSに競争力がなくなっていると指摘する。
そして、たとえBRICSよりも経済規模が劣っていたとしても、今後新興国をけん引する役割を引き継ぐ可能性のある国がどこになるかという分析が必要とされていると言っている。

PPICS諸国はいずれも潜在成長率が4%を超えており、資源輸出に過度に依存していない他、経済も多様化している。また、成長を支え、外部からのショックをある程度吸収できる金融システムも備えている。

米国による量的金融緩和の縮小によって、投資資金が新興国から先進国に戻り、BRICSを中心とした多くの新興市場はここ1年で弱体化している。
ロシアでは、ウクライナ危機と資本流出の影響で経済が一段と悪化し、ブラジルでは米スタンダード&プアーズ(Standard & Poor's)が国債を格下げした。

BRICSの名づけ親ジム・オニール(Jim O'Neill)は、新たな新興国として、メキシコ(Mexico)、インドネシア(Indonesia)、ナイジェリア(Nigeria)、トルコ(Turkey)の4カ国である「MINT」を提唱している。

一方、英経済誌エコノミスト(Economist)の調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は、コロンビア(Colombia)、インドネシア(Indonesia)、ベトナム(Vietnam)、エジプト(Egypt)、トルコ(Turkey)、南アフリカ(South Africa)の6カ国である「CIVETS」を次の有望国とみている。

しかし、INGインベストメント・マネジメント(ING IM)のストラテジスト、マールテンヤン・バッカム(Maarten-Jan Bakkum)は、「とっぴな名前が付けられたブームは数年しか続かない。」と冷静な見方をする。

マールテンヤン・バッカムは、「大きな新興市場ではレバレッジの解消が進んでいる。だが、それらの国のように過剰な資本流入がなかったフロンティア市場ではそれが起きていない。」と言っている。さらに、新たに注目されている新興国では当局による規制が障害で、流動性は特に大きな問題だと指摘した。

しかし、面白いのは「PPICS」「MINT」「CIVETS」にすべて登場しているのはインドネシアである。

また、「BRICS」にあった南アフリカは、「CIVETS」にも搭乗している。

確かに、ブームは数年しか続かないが、その中で生き残る国と,消える国がある。
それが,指導力と政治力である。

「BRICS」で定着し,生き残るのは,どの国か?

今の中国の指導力と政治力では,阿片戦争の時と同じで,中国は生き残れない。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。