2014年04月15日

Googleは、新興市場でインターネット・アクセスを広げる会社を買収。

Mobile World Liveは、Googleは、特に新興市場の中で、世界中のインターネット・アクセスを広げる将来の努力を押し上げることができる動きで、太陽エネルギーで動く無人機を開発する操業開始会社タイタン航空宇宙(Titan Aerospace)を買収することに合意したと報告した。

Googleは、Mobile World Liveに、タイタンの軽量衛星「lightweight solar atmospheric satellites」が、インターネット・アクセス、環境および災害救済を含め、暫くの間、集中した問題を解決するために、助けることができたと言った。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

タイタンは、潜在的な用途が森林破壊または石油流出による環境被害の僻地およびモニタリングのインターネット接続を提供することを含むと言った。

タイタンによって開発される航空機は最終的に、5年以内の間、続けて飛ぶことができるように意図されている。

しかし、Googleは、概念の証拠の技術がそうであると言い「どこにもない配備の近くで。」長い間、持続的に太陽エネルギーで動く飛行用の「非常に初期段階」である。

Googleは、発展途上世界へのインターネット・アクセスを提供すること可能性に関して、ヘリウム気球に愛情を持っていた太陽エネルギーで動く発信機がテストされているProject Loonを既に持っている。

グーグルは、タイタンの専門知識が、電気を起こすための空輸された風力タービンを開発しているマカニ・プロジェクト(Makani project)と同様にProject Loonの中への材料になりそうであると言った。

タイタンはニューメキシコで2012年に設立され、現在のCEOベルン・ラブーン(Vern Raburn)によってリードされる約20人の従業員がいる。

金銭的契約条件は示されなかった。

伝えられるところによれば、Facebookはタイタンと話し合っていたが、イギリスのAscentaにUS$2000万を払うことを選んだ。
それは同様の技術を開発している。

情報筋は、タイタンのためにFacebookによって提示されたどんな条件も上回り、Googleが申し出たとWSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)に伝えた。

Facebookは、「地上、空中、および軌道中の接続用新しいプラットフォーム」の使用を新興市場にインターネット・アクセスに切り抜けさせるために働いているその接続研究所を最近明らかにしました。

FacebookのConnectivity Labによって行なわれている仕事は、として、現在オンラインになりえない世界中の人々へのインターネット・アクセスの提供を目指したインターネット協会(Internet.org initiative)の一部である。

NASAのJPL(Jet Propulsion Laboratory/ジェット推進研究所)とエイムズ研究センター(Ames Research Center)、および米国アメリカ国立光学天文台(US National Optical Astronomy Observatory)のメンバーを含むFacebookのチームは、赤外レーザー光線を使用する宇宙の送信データFSO(空き領域光通信)を利用するように見えると報告している。
ただし、かなり米国政府系が強く,それは同時に危険性も含んでいる。

インターネットの場合、接続先は規制できないので,結局Facebookが得をすることになるかもしれない。

2014-03-07---Facebookは、無人飛行機製作会社買収で会談中。
2013-06-15---Googleは,インターネット・ビーミング気球を飛ばした。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。