gaYa広告

2014年04月15日

岐阜の「宇宙桜」の謎に、僧侶と科学者ら当惑。

宇宙

AFPは、ISSInternational Space Station/国際宇宙ステーション)で8か月間を過ごした桜の種から育った4歳の苗木は2014年04月01日、通常より6年も早く花を咲かせたと報告した。

しかも非常に驚くべき花を咲かせた。

桜が植えられている〒501-3124 岐阜県岐阜市大洞1丁目21電話058-243-2154願成寺(Ganjoji)の僧侶と科学者たちたちは、「宇宙のミステリー」とあいてあまりの開花の早さに驚いたと言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

願成寺の住職梶田昌宏(Masahiro Kajita)は「成長がとにかく早いということで私どもも驚いている」「もとの桜のほうは、樹齢1250年といわれている老木で、これまで種から発芽したことがなかった。後継ぎにあたる桜が生まれてくれたので、私どもは非常に喜んでいます。」と、AFPの電話取材に語ったと伝えている。

宇宙へ送られた種は、国の天然記念物に指定されている「中将姫誓願桜」から取られた265個の種子のうちの1つで、これは、国内14か所から異なる種類の桜の種を集めるプロジェクトの一環として行われた。

種は2008年11月にISSに送られ、宇宙飛行士の若田光一(Koichi Wakata)と一緒に地球の周りを4100回まわった後、2009年07月に地球に戻ってきた。

種の一部は研究所へ送られたが、大半は元の場所で植えられた。選別された一部の種は、願成寺近くの種苗場にも植えられた。

「宇宙桜」は今年4月までに高さ4メートルほどに成長し、突然9つの花を咲かせた。
しかも、それぞれの花がつけた花びらの数は、誓願桜の約30枚よりもずっと少ない5枚のみだった。
なお、桜の木が初めて開花するまでには、通常は10年ほどかかる。

宇宙桜が通常より早く花を咲かせたのは、願成寺の苗木だけではない。種が植えられた14か所のうち、これまでに4か所で開花が確認されている。

同プロジェクトを手掛けた民間企業の有人宇宙システム(Japan Manned Space Systems Corp)の冨岡美穂(Miho Tomioka)によると、桜の種は、子どもたちに種を採らせ、それが宇宙から帰ってきてどう成長するかを学ぶ教育文化事業の一環として、ISSへ送られた。
願成寺の桜は「私たちの予想では10年後、その子たちが成人する頃に咲くと思っていた」と言っている。

同プロジェクトに参加した筑波大学の富田-横谷香織(Kaori Tomita-Yokotani)講師は、
「宇宙の環境にさらされたことで何らかの影響を受けた可能性はゼロではない。」この宇宙の謎に当惑しているとAFPに語った。

植物生理学を研究する同講師は、比較対象となる木々がないため、願成寺の桜がなぜ早く成長したか説明するのは難しいと説明している。「より大きい宇宙線にさらされたことで、発芽や全体の成長が早まることが起きた可能性はもちろんあります。」ただ、「科学的に見るならば、分からないとしか言えない」と言っている。

〒501-3124 岐阜県岐阜市大洞1丁目21電話058-243-2154願成寺(Ganjoji)「中将姫誓願桜」のGoogle Earthポインター情報
35°27'09.3"N 136°52'23.3"E
または、
35.452586, 136.873139

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。