2014-04-12

マラケーシュの「hlaykia(語り部)」。

BBC Newsは、マラケーシュの物語(Storytelling in Marrakech)は11世紀にさかのぼると思われて、古代の根を備えている。

しかし、それは現代の生活によって取って代わられたか?

マラケーシュのカフェ・デ・フランス(Cafe de France in Marrakech)はちょっとした有名な場所であると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

マラケシュ(Marrakech)の中心Jamaa el-Fna squareにある「Café Restaurant Argana」は2011年04月28日に、自爆テロで、爆破され、14人の旅行者が巻き込まれて死亡したと、多くの写真と共に報告した。

それは、最も古く、最も有名な主な広場ジャマーLフナ(Jemaa L Fna)を包む中で、わずかにいかがわしく設立された。

フランスの保護国の時期にさかのぼって、あたかもその装飾とスタッフがその時以来,まだ変わっていないかのように、それは時々感じる。

不安定な天井扇風機は息苦しい熱を払拭しようと不活発に回転している。

その青いタイルが張られた壁および白い壁からの奇妙な角度でのキング・マホメットVIの肖像(Portraits of King Mohammed the VI)。

内部の顧客はハッカ茶および濃いコーヒーを飲む、衰えさせられた籐椅子に座りる。

包囲する靴を備えたアイコンタクトを回避しようとするベランダの観光客、彼らの飲料を何時間も最後にして、地元住民が熱いたくさんあるスクエアーで座り、凝視する一方、単一のたばこを売る少年と行商人を光らせる。

赤いフェス帽子、暗いビーズのような目、山羊ひげあごひげおよび顕著な鼻と共に、リチャード・ハミルトン(Richard Hamilton)が2006年に、背の高い人アブデラヒム・エル・マッコーリ(Abderrahim El Makkouri)に最初に会ったのは、ここでであったと言っている。

アブデラヒム・エル・マッコーリは作家であると呼ばれるとともに、非常に最後の残存する「hlaykia(語り部)」の1人である。

夜に、太陽が沈み、祈祷時報係がモスクへ忠実な人々を呼んだ時、彼はスクエアーの没頭した群衆への古代の神話、伝説および民話を暗唱する。
また、もしそれらを楽しめば、それらは彼に少数のコインを払う。

マラケーシュには「作家が死ぬ場合、図書館は燃える。(when a storyteller dies, a library burns.)」という考えがある。

ほとんどの物語のために、それらのナレーターの頭にのみ存在する。
彼らは墓にそれらのレパートリーを持っていく。

アブデラヒム・エル・マッコーリは、彼の仲間「hlaykia」の多くが移り変わるのを見た。

大部分は死んだ。
いくらかは引退した。
また、一人はさらに靴磨きになった。

ほとんどは、生活費を得ることができない。

かつては集まった群衆は、むしろテレビを見たい。

1970年代には、18人の「hlaykia」が、広場ジャマーLフナで話について詳しく述べていた。

2006年には、アブデラヒム・エル・マッコーリとモーレイ・モハメド(Moulay Mohamed)の2人だけであった。

後者の静かで親切な老人も悲しんで、去った。

したがって、私は、カフェ・デ・フランスで子孫のためのアブデラヒム・エル・マッコーリの話を記録して長時間を過ごし、そして本にした。

彼は、息子ゾヘイル(Zoheir)が作家になることを望んでいた。

ドイツの映画製作者は、、それらに関するドキュメンタリー「the master storyteller and his apprentice(マスター作家および彼の初心者)」を作り、さらにマラケーシュ・インターナショナル映画祭(Marrakech International Film Festival)で公開した。

しかし、息子ゾヘイルはこの突然の評判に接することに対処することができなかった。
また、彼はある種の神経衰弱をになった。

彼の両親は彼が夜に鋭い音を立てるのを聞くために起きる。

彼の両親は学校から彼を取り連れ去らなければならなかった。
また、彼の両親は彼の薬物治療の代価を払おうと努力した。

リチャード・ハミルトンたちが再びカフェのベランダに座ったので、もし息子ゾヘイルが恐らく回復すれば、彼は、スクエアー話を話すことができるだろう、ということをリチャード・ハミルトンが昨年示唆した。

アブデラヒム・エル・マッコーリは「見てください」と言い、神秘的な性欲促進薬から入れ歯まであらゆるものを売る商人の混み合った一仕切りを指すこと、「そしてに加えて、それは騒々しすぎます。」「見ることができませんか。作家のためにスペースはこれ以上ありません。」と言った。

彼は恐らく正しかった。

1,000年前からあると思われた作家の芸術(The storyteller's art)は、雑音、新技術あるいはそれらを飲み込んでおり、それらをかき消したマラケーシュの一般的な狂気と歩調を合わせていなかったニュアンスを含ませた芸術であった。

息子ゾヘイルに起こったことは、一般に作家の衰退の悲しい隠喩のように見えた。
彼は現代性を見た。
また、それは彼を殺している。

リチャード・ハミルトンが家へ戻った時、リチャード・ハミルトンは、アブデラヒム・エル・マッコーリが苦闘しており、彼がどこか彼と息子が忘却からこの古代の伝統を保存するように話に今後命じるところに必要としたことをキングのアドバイザーに説明して、期待より希望の中で王宮に手紙を書いた。

リチャード・ハミルトンは数週間前にマラケーシュへ戻り、イギリスの男性がある日カフェ・デ・フランスと同じくらい有名かもしれない、新しいカフェを開始したことを知った。

ここで、若いモロッコ人がより古い世代から古代の物語を学習して、物語の芸術は復活している。

私は彼に良いニュースを伝えるためにカフェ・デ・フランスでアブデラヒム・エル・マッコーリに会うために整えた。

「私はある良いニュースをまた持っている。」と彼は、赤いフェス帽子の下のビームを放つことを言った。

「キングはあなたの手紙…を得ました。また、彼は私に家を買ってくれました!」
リチャード・ハミルトンはよろめかせられた。
しかし、その後、別のモロッコの発言は,トップに入った。

「何も確かではない」「しかし、すべては可能です。」と、彼らはここであなたに伝えるでしょう。

マラケーシュはリチャード・ハミルトンが知っている最も奇妙な場所である。

ここの真実はフィクションより実際に奇妙である。

ほかにどこで性欲促進薬と入れ歯を買うことができるか?

ほかにどこでこの中世都市のピンク壁および塁より古い物語を聞くことができるか?

また、王は結局、ほかのどこで作家に家を買ってやっか?

とリチャード・ハミルトンは、言っている。

本物が捨てられ、偽物が金持ちになる。
まさに、日本と同じである。

人なのに,ものを取る。

マラケーシュのカフェ・デ・フランス(Cafe de France in Marrakech)のGoogle Earthポインター情報
31°37'35.1"N 7°59'14.5"W
または、
31.626419, -7.987367

観光地マラケシュ(Marrakech)の中心Jamaa el-Fna squareにある「Café Restaurant Argana」のGoogle Earthポインター情報
31°37'35.79"N,7°59'20.10"W
または、
31.626608, -7.988917

2013-10-31---フランスのスパイ作家ジェラール・ド・ヴィリエが死去した。
2011-09-22---容疑者はマラケシュ爆撃を否定。
2011-05-06---アル・カイダは、マラケシュのカフェ自爆テロ関連を否定。
2011-04-28---モロッコのマラケシュのカフェでガス爆発で、14人以上死亡!
2011-04-28---続報!モロッコのマラケシュで起こった爆破は、自爆テロ?
2010-02-19---イヴ・サンローランの絵画。
2008-06-01---イヴ・サンローランが死去した。
2006-09-14---モロッコのADSL市場は2005年に294%拡大!
2006-06-13---モロッコの携帯電話市場と未来の3G携帯電話への変更!
2006-04-09---モロッコのGSMユーザー700人調査結果。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.