2014-04-08

行方不明のマレーシア航空会社370便捜索で、必要な金額。

CNNのsituationroom.blogsは、CNNのジョー・ジョン(Joe Johns)は、マレーシア航空会社370便(Malaysia Airlines Flight 370)の捜索に付属する屈強な正札について説明したと報告した。

実は,先日来気になっていたのが、今回の捜査で,どれくらいのお金が必要なのか?
そして、誰が,誰にいくら支払うことになるのか?
さらに、航空機事故の保険は,何処までカバーされるのか?
マレーシアの国家予算と比較してみたいと考えていた。

CNNのジョー・ジョンは最初に、正しい飛行経路を計算した。

それを引き上げるのに,どれほど必要か?
そのとき同時に、死体捜索犬を使用する。

飛行機の内部からの表面にまだ前進する大気のうちのいくらかから放された泡、バッテリーがなくなったかもしれないので、それはぴん検知器で、さらにより必要かもしれない。

これをすることは、飛行機を見つけるための最良の賭けかもしれない。

ジョー・ジョンは、それらを加味し、それが今までで最も高価な探索になるので、それらを計算した結果を公開した。

また、同じようなテーマでBBC Newsも2014年04月08日に、「Missing Malaysian plane: How much will MH370 search cost?」を公開した。

マレーシア航空会社フライトMH370がクアラルンプールから北京への途中で消えたので、探索を開始した。
そうすれば、救助隊は、インド洋の南部エリアを数千kmを別々にパトロールました。

飛行機、船および潜水艦はすべて展開した。

中国、オーストラリア、マレーシア、米国、イギリス、ニュージーランド、日本および韓国はすべて、探索に寄与した。

そうすると、それはいくらかかっているか?
また、誰が払うのか?

マレーシアは、それに引き寄せられることを拒絶した。

マレーシアの運輸大臣ヒシャムンディン・フセイン(Malaysian Transport Minister Hishammuddin Hussein)は、慰めを行方不明者の家族に持って来る必要に対してセットされた時、探索をマウントするコストが「些細だった」とリポーターに伝えた。

しかし、索敵行動をこの規模にマウントし、時間のこの長さの間、安くはならない。

お金は、これまでのところ恐らくRusi(Royal United Services Institute/王立サービス研究所)で海軍国上級リサーチフェローおよび海事研究のピーター・ロバーツ(Peter Roberts)が£202500万(US$3342万)と評価した。

これはスタッフの再配置と同様に燃料費、予備部品および輸送する供給を含んでいる。
取り消された許可のようなコストさえ最終金額を押し上げることになる。

ほとんどの財政負担は、彼らの軍隊を寄付した国々によって発生する。

例えば、オーストラリアは2週間前に海軍補給容艦HMAS Successを展開させた。

米国国防総省は、作動するのに1日当たりAU$550,000を要するので、AU$770万(US$720万)まで既に来る、と言った。

また、それは単に1隻の船である。

さらに、HMASトゥウンバ(HMAS Toowoomba)はそれ含まれているのでAU$380,000を必要とする。

米国国防総省は、探索を支援するためにUS$400万を取って準備していた。
03月08から24日の間で、US$320万を費やした、とスポークスマンがワシントンでリポーターに伝えた。

イギリスは、敏感な水面下の検知設備を装備している調査船HMSエコー(HMS Echo)を送った。

MoD(UK Ministry of Defence/イギリス国防省)は、まだイギリスの役割に正価を置いていない。

「フライトMH370を見つけるオペレーションは、完全にコストを識別する仕事のように進行中です。」とMoDがステートメントでBBCに伝えた。

結局、財務省危険準備金からオーストラリア水域にHMSエコーを送るコストに遭遇するだろう、とピーター・ロバーツは言った。

政府は、予算内のコストをとる。「そして、それらがそれをしなければならないと受け入れてください。」

それに担当役割がある限り、船はそこにとどまる。

彼は、
「海軍は、協会の非常に強い感覚を持っています。海上で命を救うことはするべきことです。」
と言った。

一旦探索が終われば、注意は追跡技術の改善に変わる。

「私たちが連続的に世界中のどこにも航空機を追跡することができないと想像するのは誰にとってでも難しい。」とピーター・ロバーツが言った。

そこで、プロセスの最も高価な部分は、任意の技術の開発か取り付けだが、世界中の飛行調整装置にそれを受理してもらい標準化させられるコストになる。

リオデジャネイロからパリへのエール・フランス・フライトが2009年に大西洋で墜落した後、航空史で最も高価な回収作業が行われた。

3年にわたる多数の探索の後、最終金額は3200万ユーロ(£2600万/US$4400万)になった。

今のところ、オーストラリアは費用要因の軽視をマレーシアに協力している。
トニー・アボット首相(Prime Minister Tony Abbott)は、「この仕事を終わらせるために私たちが費やす必要のあるものを費やす。」ことを誓った。

彼はそれを「オーストラリアの部分上の国際的な市民権の行為」と呼んだが、
「あるポイントでは、集計の必要があるかもしれません。」
と付け加えた。

CNNのsituationroom.blogs調査では、
4年間必要であったSwissAir 111の場合はUS$3900万であった。
同じく、4年間必要であったTWA 800の場合はUS$4000万であった。
Air France 447の場合は、2年間必要でUS$5000万であった。
今回のマレーシア航空会社370便は、数ヶ月でUS$2100万と計算している。

ただし、マレーシア航空会社370便は、過程であって,結果ではない。

2014-04-08---MH370の探索が、水面下に移行した。
2014-04-07---オーストラリア船も、「ブラックボックス」からと一致する信号を検知。
2014-04-04---土曜日午前に、中国船が2回目のパルス信号を検知。
2014-03-30---マレーシアのフライトMH370の中国人家族は、怒りをぶちまける。
2014-03-30---Flight 370の捜査で明らかになった国際協力とその弱点。
2014-03-28---フライトMH370の探索は700マイル北へ変更。
2014-03-27---不明機捜索で、占い師に続き、「数学の魔術師」集団が名乗りを上げた。
2014-03-26---新しい衛星画像を公開。
2014-03-25---マレーシアの不明機からのブラックボックス回収は、前途多難!
2014-03-25---MH370の捜索はまだ、不合理に困難。
2014-03-24---行方不明のマレーシア航空の残骸回収現場に船が着いた。
2014-03-24---タイのThaichote衛星、南インド洋で300の残骸部分を発見。
2014-03-23---マレーシアflight MH370の第3番目の新しい画像。
2014-03-21---中国の砕氷船「雪竜」が、MH370残骸探索に加わった。
2014-03-20---オーストラリア飛行機捜索者は残骸を調査している。
2014-03-20---失踪マレーシア航空機の推定物体発見!偵察機急発進!AMSA写真公開!
2014-03-20---スパイ衛星が明らかにしたマレーシア航空のMH370?
2014-03-19---タイ空軍レーダー、消えた飛行機を「所属不明機」として捕捉。
2014-03-19---マレーシア、FBIは、パイロットのシミュレータからのデータを調査中。
2014-03-18---不明機の衛星捜索サイトに300万人が集結。
2014-03-18---フライトMH370の捜索の目盛り。
2014-03-18---消えたマレーシア航空機の新しい「残骸」画像を中国がチェック。
2014-03-17---オーストラリアは、消えた飛行機の南の探索をリード。
2014-03-16---マレーシアは、消えた飛行機で、世界の国々へ支援を要請。
2014-03-15---BBCは「別の捜索区域」を案内した。
2014-03-14---行方の判らない飛行機を米国が、インド洋で探索。
2014-03-13---見つからない飛行機に、マレーシアはシャーマンを雇った!?
2014-03-13---中国衛星が南シナ海で浮遊物3点発見!?
2014-03-13---ミステリー、不明機、交信途絶後も4時間飛行?
2014-03-11---盗んだパスポートは、テロに無関係!?
2014-03-11---航空機に搭載されたブラックボックス・データは、海洋底で30日継続。
2014-03-09---中国の沿岸警備隊船が、マレーシア航空機が消えた領域に到着。
2014-03-09---Freescaleのスタッフ20人が、行方不明のMH370に乗っていた。
2014-03-08---マレーシア航空、北京行きの航空機が消息を絶った。
2014-03-08---大きな油膜を発見!搭乗中の2人が偽名を確認!マレーシアの飛行機は墜落したと推定。
2014-03-08---行方不明になったマレーシア航空の搭乗者リストをPDFで公開。
2014-03-13---見つからない飛行機に、マレーシアはシャーマンを雇った!?