2014-04-08

サムソン電子は、利益の下落を予測。

BBC Newsは、サムソン電子(Samsung Electronics)が、利益の下落を予測したと報告した。

テレビと携帯電話の中で世界で最も大きなメーカーに成長したサムソン電子は、第2四半期の利益落を予測した。

昨年の同じ期間から、4%ダウンで、1月〜3月の四半期の間8兆4000億ウォン(US$79億)の営業利益を予期する。

これは、前の四半期に営業利益から6%の下落に続く。

利益の低下は、スマートフォンの低下する価格の中で、その所得を押し上げるために、挑戦に直面することを示している。

ヒュンダイ証券のアナリストであるヤング・パク(Young Park, an analyst with Hyundai Securities)は、セクターの成長率の減速と同様にスマートフォン用マージンにより、サムソンの利益が傷つけられていたと言った。

サムソンのスマートフォンのSamsung's Galaxyの成功は、近年その成長の最も大きなドライバーのうちの1人だった。

しかし、会社がセクターの成長を利用することを期待するとともに、増加する競争に直面している。

ライバルのアップル、HTC、および中国のレノボ(Lenovo)、ZTEおよびHuaweiのようなメーカーはすべて、彼らの市場占有率を押し上げることを期待している。

それは、利ざやに圧力をかけて、より多くの顧客を引きつける価格を引き下げるようにベンダーに促した。

今年の初めに、サムソンは、それがセクターの競争がさらに「強まる」ことを予期すると警告した。

あるアナリストが、セクターの利ざやが落ち続けるとともにサムソンがその業績拡大を持続させるコストを削減する必要があるかもしれないと言った。

HMC投資と有価証券のアナリストであるグレッグ・ロー(Greg Roh, an analyst with HMC Investment and Securities)が「サムソンが今年、補足成長のために行う必要のあることは、経費削減のような縮小する販売費である。」
「ある意味でサムソンには、内部効率を改善しないで、その所得の下落を防ぐ方法がない。」と言った。

実は,これまでの経験から,アップルはハードとコンテンツの両輪を持っているが、サムソンには。ハードだけで、コンテンツは育っていない。

これからは,かなり厳しい未来が待っていることだろう。
それで、一気に雪崩現象が起こるかもしれない。

最盛期は過ぎた。

2014-04-04---ホワイトハウス、サムスンの「自分撮りマーケティング」に怒り!
2013-11-21---サムスン、アップルへの賠償総額US$9.3億と米国地裁が評決。
2013-07-26---サムソンは、スマートフォンの四半期利益上昇記録を更新。