2014-04-08

MH370の探索が、水面下に移行した。

BBC Newsは、超音波「ぴん」のぱちぱちいう検知は、水面下の盗聴器によって海洋の600kmの廊下上出行方不明のマレーシア航空会社フライトMH370(Malaysia Airlines Flight MH370)の残骸捜索を集中させた。

37.5Hzの「ぴん」はオーストラリア人によって聞き、中国の船が確認されていないが、2014年04月05日と06日のそれらは、探索チームが努力を狭くすることを可能にした。

捜索区域の海洋の詳細なモデルは、衛星の助けを借りて国家のCSIRO(Commonwealth Scientific Industrial Research Organisation/科学的産業調査機構)によって現在組み立てられている。

「サテライトは連続的に海洋をモニターしている。この調査用の原資料はヨーロッパと米国が海面下が測定できる衛星『European and US sea-level measuring satellites』です。」
「さらに、私たちは、フローがだったものを詳細に見るために海洋の熱画像を使用しています。」と組織の海洋学者デービッド・グリフィン(David Griffin)が言った。

彼は、もし検知された信号の位置が正確に墜落現場を識別していれば、多重方向のある海流がなぜどんな残骸も見つけるのが難しかったか、説明できるだろうと言った。

「それは、位置にちょうどある、流れが1つの方角に流れているところで、その位置は真南から真北の方向に流れている位置で正しいです。」と彼は言った。

海洋学者サイモン・ボクサル(Oceanographer Simon Boxall)は、信号は残骸の捜索を狭くするのを支援することができるとBBCに伝えた。

「この場合、捜索区域が広大な85,000sqマイルから約10sqマイルまでになることを意味し、それは確認されます。」彼は言った。

「それが肯定的なこと分かる場合、その後に、探索は不可能なものから行くことが、妥当性のある。」

火曜日に、チームを探索する、中国の船が可能な信号を検知した場所へ接近していて、250平方kmの海のエリアに小さくポータブル・ソナー・ユニットであるソノブイ(sonobuoys)を落とすことを計画していた。

より大きな水面下のエリアの探索が長く骨の折れるプロセスかもしれないので、「ピンガー」信号の追跡により衝突現場を正確に示すことは主要目的のままであった。

独立した飛行アナリストのゲリー・ソジェットマン(Gerry Soejatman)は、ソナー写像は「1カ月、あるいは恐らくより長く。」1平方kmのセクションのためにとることができるとAFPに伝えました。

「信号が来る位置を見つけることは重大です。時間はなくなっています。」
「信号が止まれば、それははるかに激しいタスクになるでしょう」と彼が言った。

すでに、タイムリミットの1カ月を過ぎた。
何時止まっても不思議ではない。

2014年04月06日に、伝えられるところによればモニターされたオーストラリアの海軍の支援船オーシャン・シールド(Ocean Shield)は、信号を失う前に約2時間「ぴん」をモニターした。

船は、今再び信号を拾い上げることを試みる捜索区域を縦横に行き来している。

そして、恐らくさらにスポット残骸からの信号が検知される場合、探索乗組員はソナーを使用して、海底の詳細な地図を作成することができる自律のミニ海中のBluefin-21を展開させるかもしれない。

しかし、Bluefin-21は、単に4,500mの真中に作動することができる。
また、残骸がより深い水にあれば、もっと特定化された設備が持ち込まれなければならない。

これは、2011年にエール・フランスのフライト447(Air France flight 447 in 2011)の捜索の中で使用されて、レムス(Remus)およびレモラ(Remora)無人ミニ潜水艦を含んでいるかもしれない。
それは6,000m以内の真中で作動することができる。

プリマス大学の海洋学者ピーター・ブルキル(Oceanographer Peter Burkill from Plymouth University)は、どんな残骸も位置している海底の性質が重要な要因になるだろうと言った。

「AUV(autonomous underwater vehicle/自律潜水調査機)が投下されるだろう。そして、その後、岩が多いか、表面の円鋸歯状があるか、あるいは水平かなど、ミクロの地形が何にあるかのような疑問を明らかにする。」

これは、これまで実験できなかった多くの海底探査技術が投入されている。

確かに,多くの人名が犠牲になったことだろう。しかし、その結果は,今後億の科学技術に採用されることだろう。

現在公開されている海底地図より詳細な地図が登場することだろう。

2014-04-07---オーストラリア船も、「ブラックボックス」からと一致する信号を検知。
2014-04-04---土曜日午前に、中国船が2回目のパルス信号を検知。
2014-03-30---マレーシアのフライトMH370の中国人家族は、怒りをぶちまける。
2014-03-30---Flight 370の捜査で明らかになった国際協力とその弱点。
2014-03-28---フライトMH370の探索は700マイル北へ変更。