2014-04-08

日本軍731部隊の廃墟は、世界遺産登録の準備をした。

新華社は、中国は、北東の都市ハルビンにある日本軍が第2次世界大戦で細菌戦を研究していた731部隊の廃墟を世界遺産として登録死、保護することを計画していると報告した。

この計画は1999年に、よりよい保存の目的で、日本軍731部隊(関東軍731部隊/Japanese Army Unit 731/通称:石井部隊)の廃墟の管理し、ユネスコの世界遺産リストに登録するためにそれを準備することを公式化したと、日本陸軍部隊731による戦争犯罪証拠の博物館の廃墟保護部長宋吉慶(宋吉庆/Song Jiqing, head of the ruins protection department of the Museum of War Crime Evidence by Japanese Army Unit 731)が言った。

廃墟中の27の全国重要遺物ha,約170ヘクタールをカバーして、6部に分割される。

国家文物局によって承認された計画はさらに短く、ミディアムおよび長期保護(6部以内の残りの廃墟の管理および使用)を指定した。

それが世界遺産リスト上で含まれるのを支援するために、中国は2020年までに、関東軍731部隊のサイトのための保存および経営計画を立てる。

「計画はサイトがリストされるべき先行条件です」関東軍731部隊問題のためのハルビン・アカデミーの社会科学インターナショナル研究センターのヘッドである杨彦君(Yang Yanjun, head of the International Research Center for Unit 731 Issues, Harbin Academy of Social Sciences)が言った。

関東軍731部隊は、中国と東南アジアで第2次世界大戦間の1935年にハルビンで確立された生物学ベースと化学戦研究ベース、および日本の生物戦の中心であった。

少なくとも3,000人が、実験でそこで死亡した。

細菌戦研究の世界最大の廃墟として、関東軍731部隊のサイトは顕著な歴史上で教育に値する。

関東軍731部隊の廃墟は2012年に中国の世界文化遺産サイトで一時的リストに含まれていた。

2011-02-21---日本で第2次世界大戦中に細菌戦で殺された調査開始!
2010-02-08---「日本731部隊」の生体実験場を世界文化遺産に!?

「侵華日軍第731部隊罪証陳列館(第731部隊罪証陳列館)」のGoogle Earthポインター情報
45°36'20.28"N,126°37'51.39"E
または、
45.605633, 126.630942

東京都新宿区戸山の旧陸軍軍医学校跡地のGoogle Earthポインター情報
35°42'9.51"N,139°42'59.16"E
または、
35.702642, 139.716433

Related Dates