gaYa広告

2014年06月21日

タカラトミーが、次世代エンターテイメント・ロボット・シリーズを発表。

タカラトミーが2014年04月07日に、リモコンを使わず、手のひらのジェスチャーで操作する2輪走行の不思議なロボット「Hello! MiP」を2014年06月21日に発売し、人のことばに反応し応えてくれる愛嬌たっぷりの小型犬ロボット「Hello! Zoomer」を2014年07月26日に発売すると報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

「Hello! MiP」は、「ジェスチャーセンサー」を内蔵しているため直接触れなくとも手のひらをかざすだけで操作ができる。
また、「倒立振り子センサー(Mobile Inverted Pendulum)」を搭載したことで、二輪での自立はもちろん、モノを持たせてもその重さを認識して、さらに自力でバランスをとる優れ物である。

合計で7つのモードがあり、片方の車輪を回すことで簡単にモードを変更できる。
また、胸のランプの色で選んだモードを表示している。

コントロールモード---MiPの目の前に手をかざし、手を正面方向に遠ざけると、手を追いかけて前進する。手を止めると停止し、左右に振ると旋回、手を近づけると後進する。
バランスモード---付属のトレーを使い、色々な物を持たせてバランスを取らせる。 モノを乗せると重さを調整し、バランスをとる。本体と同じ重さの350gまでのモノであれば運ぶことができる。
ダンスモード---MiPが胸部にあるスピーカーより音楽を発しながら踊るモードである。
自由走行モード---MiPが自由に走行し、障害物を感知すると方向を変えて3分間走り続ける。
学習モード---ジェスチャーにより動きの指示を50個まで覚えるモードである。
逃走モード---逃げていくMiPの進路をさえぎって方向を変化させて遊ぶゲームモードである。
待機モード---自立して指示を待ち、手をかざすとリアクションを楽しめる。

さらに、Bluetoothを搭載しているため、専用アプリでiPhoneやiPad、Android端末と連動させることで遊びが広がる。

概要
商品名: 「Hello! MiP(ハローミップ)」 2種(ホワイト/ブラック)
希望小売価格: 各15,000円(税抜き)
セット内容: ミップ本体(1)、ディスプレイ用スタンド(1)、トレー(1)、取扱説明書(1)
商品サイズ: (W)130mm×(H)190mm×(D)70mm
商品重量: 350g(電池除く)
発売日: 2014年06月21日(土)
対象年齢:8歳〜
販売目標:年間5万個
使用電池: 単4形アルカリ乾電池4本(別売・連続稼動1時間)
無料アプリ: 「MiP」 ※iOS・AppStore、(iPhone) 「MiP」で検索。
Androids 版は4月末より配信予定。

「Hello! Zoomer」は、音声認識機能を搭載しているため、人の言葉を理解し反応してくれる。
勢いよく尻尾を振ったり、あちこち走り回ったり、息を荒げて擦り寄ってきたりと自由奔放で、ダイナミッ クな動きが特徴である。
傾きセンサーを搭載しているので、自由に身体をひねり、あおむけになることも出来る。赤外線センサーで前にあるモノを認知するので、「ついてきて」と声をかけて歩くと、後をついてくる利口なペット・ロボットである。

Zoomer には3つのモード「ドッグトレーナーモード」「フレンドリーモード」「英語モード」があり、15以上の英語と30以上の日本語の2ヶ国語を理解する。目が液晶になっているため、うれしいときはハートマーク、眠そうな虚ろな瞳など、表情豊かに気持ちを表現しくれる。
赤外線センサーを搭載しているので、手やボールの動きを捉え、前を歩く人の後をついて来たり、転がるボールを追いかけたりする。
デザインモチーフとなった犬種は小型犬ロボットでは珍しい「ダルメシアン」で、本物の犬に2つとして同じ柄が ないように、Zoomerも1万種類以上のブチ模様を用意し、一匹ごとに個性を持たせた。

ドッグトレーナーモード---しつけて遊ぶモード。
「おすわり」というと、ワン!と吠えて前足をまっすぐ立て、後ろ足を曲げおすわりする。また、「ふせて」というと、全ての足を曲げふせのポーズをとる。
犬と同じように、しつけには手間がかかる。最初は簡単に言うことを聞いてくれなかったり、何度か指示しないと忘れてしまったりする場合もある。
フレンドリーモード---友達のように話しかけて遊ぶモード。
「ズーマー、ただいま」と言うと尻尾を振り興奮してぐるぐる走り回る。前に立ち「ズーマー、ついてきて」といい、 ゆっくり歩くと、足元をついてきてくれる。
英語モード---英語で話しかけて遊ぶモード。
「Zoomer, play dead」と言うと身体を回転させて、死んだふりをしてみせ、
「I love you」と言うと「I love you」と吠え返してくれる。

なお、Zoomerは2013年にカナダのスピンマスター社より発売され、アメリカで42万個を販売し、また「ト イ・オブ・ザイヤー2014(Toy of the Year 2014)」で最優秀イノベーション部門を受賞した。

概要
商品名: 「Hello! Zoomer(ハローズーマー)」
希望小売価格: 希望小売価格各15,000円(税抜き)
セット内容: Zoomer本体、USBチャージ・ケーブル、クイックスタート・ガイド、取扱説明書
商品サイズ: (W)280mmx(H)180mmx(D)200mm
商品重量: 520g
発売日: 2014年07月26日(土)
対象年齢: 6歳〜
販売目標: 年間5万個
使用電池: リチウムイオン電池(内蔵。次官充電で、連続稼働20分)

「ロボットがいる遊び心のある 生活」をコンセプトに、次世代エンターテイメントロボット「OMNIBOT(オムニボット)」シリーズを2014年6月から展開すると報告し、その第1弾として、実績のある海外パートナーメーカーと協力し、「Hello! MiP」と「Hello! Zoomer」をで発売する。

販売は、全国の玩具専門店、百貨店、家電量販店、一部雑貨店、インターネットなどで、順次発売いすることを計画している。

ついに、自宅でロボットが共存する時代が来た。

その後もオリジナルで開発したロボット等を順次展開し、シリーズ全体で、2014年度で20億円、3年で50億円の市場規模を目指している。

タカラトミーは、1984年より数々の家庭用ロボット「OMNIBOT(オムニ ボット)」シリーズを世に送り出してきました。
あれから30年、テクノロジーはめざましく発達し、スマートフォンや ウェアラブル端末、介護ロボットのように30年前では誰も想像できなかった「未来」を実感できる世の中になりつつある。

「Hello! MiP」は、単4形アルカリ乾電池4本(別売・連続稼動1時間)
「Hello! Zoomer」は、リチウムイオン電池(内蔵。次官充電で、連続稼働20分)
さて、どちらが良いのか?

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。