on-the-time.jp

2014年04月06日

致命的なバクテリアとウィルスのDNA解読プログラムを開始。

美容と医学の科学

AP通信は、食物中毒を見つけること以外、珍しい疾病を分析し、癌の危険を予言し、祖先に伝えるために遺伝子を写像してきた。

しかし食中毒の覆いを取ること?
国の疾病探偵は、潜在的に致命的なバクテリアとウィルスのDNAを慣例的に解読(decoding the DNA of potentially deadly bacteria and viruses)することにより、発生を負かそうとするプログラムを始めていると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

最初の目標は、リステリア(listeria)菌、食中毒による死の3番目の主要原因、および妊婦に特に危険なバクテリアである。

既に、カリフォルニアで1人を殺し、メリーランドで他に7人を病気にしたリステリア菌発生を解決するのを支援することを備えた技術である。

「これは実際に伝染病を見つけて戦う新しい方法である」とCDC(Centers for Disease Controand Preventionl疾病管理予防センター)のセンター長トム・フリーデン博士(Dr. Tom Frieden)が言った。

「それについて考えることがある1つの方法で、それはラインアップによって、または、指紋によって容疑者を特定していますか?」

全体のゲノム配列決定、すなわち有機体のDNAをすべて写像することは医学研究の主成分になった。

しかし、公衆衛生では、な新しい鳥インフルエンザのような心配から、特に苛立たせる発生あるいは新興病原体を調査するためにもっと選択的に使用された。

日々の発生検知については職員は、数10年来のテストでDNAの使用部分を代わりに依存し、同じほどには正確ではない。

さてゲノム配列決定はで、より速く、より安くなっている。高度な分子の検知を呼んだプログラムを備えたその使用を広げるために、CDCは議会からUS$3000万ドルを備える。

希望は、食物性で他のタイプの発生をより速く解決することである。またそれらはどのように広がるかなど、恐らくよりよい理解によって、また伝染病を防ぐ。

「率直に言って、公衆衛生において、我々はいくつかをするために追いつかせます。」と、仕事をリードするのを支援しているCDCのクリストファー・ブラデン博士(CDC's Dr. Christopher Braden)が言った。

その第一歩として、連邦と州職員は、急速に汚染された食糧あるいは工場で見つかったサンプルに加えて、今年、米国で分析されたすべてのリステリア菌伝染病のDNAを解読している。

技術が、同じ出所から気分が悪くなったかもしれない一致する菌種を持った人々を捜して、型通りの疾病監視に使用された初めてのことであった。

この場合、CDCは、試験計画研究として、それが段階を結局検査するとすると言い、また他の発生に対して技術をより慣例的に使用することで、全国の公衆衛生研究所はどのように続くか、食品安全性上で見る。
「ゲノム配列決定は実際に最終のDNA指紋です。」と、抗生物質耐性菌の普及を研究するためにそれを使用し、CDCの動きがだいぶ遅れていると言うジョージワシントン大学微生物学者ランス・プライス(George Washington University microbiologist Lance Price)が言った。

特に食物性発生において、テクノロジーは、正しい罪人を取り押える調査者の能力を増やすと、彼は言いました。 それがより速く起こるほど、人々は病人をより少しにするかもしれない。

「これは出所帰着まですべてを変更するでしょう。」とプライスが付け加えた。

「リコールは高価です。産業はそれらが好きではありません。」また、それらは正確でなければならない。

今日の標準検査はリンクした場合を時々逃すか、あるいは誤りの前例を提供する。

例えば、2012年の米国の高官は、スモークサーモンに関連したオランダのサルモネラ菌発生がここでケースにリンクされると最初に考えた。

後の配列は、バグが異なっていたことを示した。

その細菌を順番に並べ始めたパイロット食品医薬品局のネットワークの一部、そして、ある他のものが、食物中で発見される場合、「サブタイプするサルモネラ菌の現行手法はあまりよくありません。」とミネソタ保健省の疫学者デービッド・ボクルルード(epidemiologist David Boxrud of the Minnesota Department of Health)が言った。

アリゾナ、フロリダ、メリーランド、ニューヨーク、ヴァージニアおよびワシントンの州研究所も参加している。

順番に並べることは、さらに薬物耐性、および細菌がどれくらい、どのように足跡のように作用する小さな遺伝的障害によって、人から人へ広がっていか、今日のテストおよび軌跡より速く有毒かを明らかにしそうである。

それを働かせることの鍵は遺伝子地図を格納するために使用されているヘビーな連邦データベースの計算能力である、とCDCのバイオインフォマティクスのための相談役ダンカン・マックチャンネル(Duncan MacCannell, the CDC's senior adviser for bioinformatics)が言った。

それは、発生中に数ダース病人からえり分けられたバクテリアのDNAを分析する1つのもの、および何千からのサンプルを比較するのに別のものがある。

最近までCDCは「この多くのデータの意味が分かるツールおよびアプローチを持っていなかった。」と彼が言った。

メリーランドの職員が何人かの病気の新生児と母親を調査して、リステリア菌プロジェクトは始まった。

ゲノム配列決定は、それらの場合がカリフォルニア死にリンクされたことを調査者がどの食糧を注目するか決めるのを助けて示した、とCDCの主要な食品媒介疾患探偵ロバート・タウクセ博士(Dr. Robert Tauxe, CDC's leading foodborne disease sleuth)が言った。

標準的なテストは、FDAの容疑者ヒスパニックのスタイルのチーズの回想を促した。。

先月、政府は、リコールされたチーズからのリステリア菌が患者からの細菌と一致することを順番に並べることがさらに確認すると発表した。

プロジェクトが成長するので、「私たちは、私たちが食物に見つけるものへの人々に私たちが見つけるものにますます一致するつもりのことができる。」と、ロバート・タウクセ博士が言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。