on-the-time.jp

2014年04月06日

フランスは、ルワンダ大量虐殺記念祭から、出ていった。

BBC Newsは、フランスの政府は、月曜日にルワンダ共和国の大量虐殺(Rwandan genocide)の20周年記念記念祭から、出ていっていると発表したと報告した。

その決定は、フランスが1994年に大量殺人があった、ルワンダ共和国の大統領ポール・カガメ(Rwandan President, Paul Kagame)による告発に続いた。

ポール・カガメ大統領は、以前に同様の主張をした。
フランスはそれを否定した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

フランスの外務省 (French foreign ministry)は、発言が2か国の間の和解努力に反したと言った。

フランスの司法大臣クリスチアーネ・タウビラ(French Justice Minister Christiane Taubira)は、月曜日にキガリ(Kigali)でイベントに出席する彼女の計画を取り消した、と外務省スポークスマンであるロマン・ナダル(Romain Nadal)が言った。

フランスの週刊ニュース雑誌Jeune Afriqueと話をした大統領ポール・カガメは「大量虐殺の政治的な準備で、ベルギーとフランスの直接の役割」を非難しました。

ルワンダは1962年までベルギーの植民地であった。

2014年03月27日に続いた、日曜日に公表されるインタビューで大統領ポール・カガメは、「[フランス]の目の中で、唯一の妥当性のある非難は、大量虐殺の間に命を救う際に十分に行っていなかったことににあります。」と言うことを20年以上に引用している。

ルワンダは、約100日の期間に少なくともほとんどツチ族と穏健なフツ族から、800,000人の命を奪った残虐行為の20周年記念を迎える準備をするとともに、それは来た。

暴力は、1994年04月06日に航空機墜落で死んだフツ種のユヴェナリス・ハビャリマナ大統領の死(death of President Juvenal Habyarimana, an ethnic Hutu who was killed in a plane crash on 6 April 1994)が引き金となって起きた。

それは、ポール・カガメのRPF(Rwandan Patriotic Front/ルワンダ愛国戦線)の政府軍が、ツチの率いる反乱軍により、2013年07月に破られたの後の年末に終わった。

彼の党はまだ政府をコントロールし、長い間大量虐殺を支援したことで、ハビャリマナの時の政府同盟国フランスを非難した。

近年、2011年のパリへのポール・カガメによる訪問と、大量虐殺調査ユニットのフランスによる設立と共に、2か国の関係に雪解けがあった。

先月、パリの法廷は大量虐殺における彼の役割のため、フランスで最初のそのような有罪判決として、刑務所で25年を元ルワンダ共和国の情報部顧問パスカル・シンビカングワ(Pascal Simbikangwa)に宣告した。

フランスは、重大な間違いがルワンダで大量虐殺の間に犯されたと認めた。

2008年のルワンダ共和国の任務は、フランスが大量虐殺の準備に気づいており、殺害に参加した人種のフツ市民軍を訓練するのを支援した、と言った。

パリは、その軍隊がルワンダで国連に命じられた介在の一部として民間人を保護するのを支援したと言った。

しかし、ポール・カガメは、フランスの軍隊が殺害を実行する市民軍を保護したと言った。

2014-04-07---ルワンダ大虐殺から20年。
2014-04-04---世界で、どの独裁者がもっとも人を殺したか?
2014-03-07---南アフリカはルワンダの外交官を追放!
2014-01-10---ルワンダの大統領死亡の誤りの噂が野火のように広がった。
2012-06-11---人はなぜ、これほど多くが「大量虐殺記念碑」を見に行くか?
2010-10-27---ルワンダ当局、映画「Hotel Rwanda」の有名マネージャーを逮捕。
2010-10-19---ルワンダとシリアが、ジャーナリスト鎮圧を強化し始めた。
2010-10-03---MTNウガンダは企業整理を要求。
2008-08-20---ルワンダの大臣、キガリでBBCとVOA FMを止めると脅迫!
2007-09-22---ルワンダで大臣が、国営ラジオとテレビで新聞を脅迫!
2006-11-19---Terracomがルワンダで、光ファイバーネットワークを造っていた。

ルワンダの首都キガリ(Kigali)のGoogle Earthポインター情報
1°57'00.4"S 30°03'31.6"E
または、
-1.950106, 30.058769

ワンダのキガリ記念碑(Kigali's memorial, Rwanda)のGoogle Earthポインター情報
1°57'0.38"S,30° 3'31.57"E
または、
-1.950106, 30.058769

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。