2015-05-15

ヨーロッパに行くのに、一番良いとき!

観光経済

ワシントンポスト(Washington Post)は、ずっと前に、ずっと離れた遠い金融銀河系で、それは、米ドルがユーロより多く値しようとしていたように見えた。

それは「3月」と呼ばれた。

それ以来は、 しかし、より強いドル経済が十分に負傷させて、たぶん、FRB(Federal Reserve Board/米連邦準備理事会)が、似たレートを上げて、延期するように思われる。
それをこの6月にするほのめかしている。

そして、それは、ヨーロッパでのより強く回復とともに、予期される市場を疑い、いくらは、より高い興味は、それらのレートがそこにあるより、ここに本当にあるドルの怪物ラリーは結果として逆になる。

従って、もしあなたがすることができるなら、それがまだ安い間、あなたが考えているそのヨーロッパの休暇をちょうど今取りなさい。

アメリカ人のために、物は、ヨーロッパでたぶん、長い間ではなく、けれどもまだかなり安い。

数ヶ月前から、今や、それは簡単なストーリーであった。

米国経済は十分にりっぱにやり、すぐレートを上げることは、それが始まるように見えて、世界の残りは十分に速度を落とし、それはそれらを切っていた。

ヨーロッパは、実のところ、最終的に、利率をネガティブな領域に切り分けないだけであるけれども、接着剤も、新しくプリントされたお金で買うことによってそれを越えた。

それは、投資者が、ユーロでそうしないよりはむしろ、多分利息を払い始めるドルで彼らのお金を持つことによってより多くのお金を儲けることができるので、人々がそれを動かした途中で、ドルの価値を14%も押し上げた。

しかし、それは期待外れのデータの長たらしい話の前にあり、確実な物よりずっと少ない米国回復表情のようにされた。

それの大きい部分は、より強いドルが、アメリカの会社が海外に輸出品を売ることで、または輸入と競合することがより困難にしたことであった。

別の部分は、買物客が家を出るために、すべての吹雪についての不平が、冬に到着し、それが建設作業員に、それらを築くことを期待し、より難しくしたということであった。

そして、最後の部分は、オイル価格の下落が、それらが個人消費を助け、より多く設備投資を負傷させたようであった。

実に、小売りの販売は4月にまさに平らであった。

FRBが9月または12月までレートを上げ始めないので、それは、一部を除いて、確かであるような理由である。

それはなぜそんなに重要であるか?さて、それは多くタイミングとしてであるわけではなく、タイミングがその問題について私達に話すことであった。

快く、離昇のための年末が、いったんそれが起こったら、待つ中央銀行がよりゆっくり行く。

利率、すなわち市場を考えたのと同じくらい、それらは高くならないかもしれない。

同時に、より安いオイルおよびECBの束縛購入により、成長しているヨーロッパの経済が少しもっと得られた。けれども、人々が考える限りその慣例に従わない方針が続かないように、それらは最後の3語の言葉は必要ではないかもしれない。

下であなたが見ることができるので、結果は、木曜日にドルが4ヶ月で、ユーロに低くあてたことである。

全体で、ドルはその3月のピークから7%低下した。

しかし、あるパースペクティブをここに保持することは値する。

その最新のディップのためdeさえ、それが過去の4年どのような他の時間でもあったよりドルはまだ凄く強い。

従って、まだ、ヨーロッパに行くのに良い時間である。そして、それはそれ以上良くならないかもしれない。

しかし、それは、食べることが弱いGDP数を考えるか、よい仕事数が経済の力のよりよいゲージであるかに依拠している。

今や、それは意味をなさず、失業保険受給申請は15年でもっとも低く低下する。そして、ビルマクブリドが指摘するので 、いったん労働力のサイズのためのあなた適合最低記録は、たぶん、経済が、成長するのをやめた間、それは、私達が中に暮らしている世界である。

従って、もし何かが騒々しいかもしれないというよりも、食べることが決めて、これらの仕事数なら、GDP1は回復を本当の物語に話し、そして、それは、より早く、より速い時期に、予期されるよりレートを上げて。私達を驚かせるかもしれない。

そして、あなたの旅行予算発言繕い。この夏にそのユーロ旅行をしなさいと言えると言っている。

この夏は、ヨーロッパにアメリカ人が多いので、日本人は行かない方が良いかもしれない。

あの鼻づまり英語は、図々しく、銀座の中国人のようである。

ヨーロッパ人は、あの鼻づまり英語が大嫌いだが、落とすお金の魅力で我慢している。

とくに、スイス人は我慢強い!

昔から、イギリス貴族のリゾートは、アメリカ人を拒否してきた。

調子に乗らないでアメリカ英語は、クズという意識は、オランダ、ベルギー、フランス、スイス、ドイツにまだ残っている。

アルプスで、おばあちゃんに聞くと、我慢しているとはっきり言う。

2015-01-16---アメリカ人が、ヨーロッパに旅行するのは、今、全体でかなり安くなる。
2014-08-26---チョコレートの都スイスのチューリッヒを引き立てる。
2013-08-09---有名な米国の司会者オプラ・ウィンフリーはスイスで、人種差別主義の犠牲者。
2012-05-18---英語は難しい?フロリダの高校生の半分は読解テスト落第!
2011-08-31---英語の先生は、アクセントや文法を間違えることが許される!
2007-12-17---トイレを口汚くののしった米国人女性は免罪!