gaYa広告

2014年04月03日

NASAのロボットRobonaut 2は、宇宙外科医になる。

美容と医学の科学

BBC Newsは、それは緊急時にパニックにならない。
その手は、睡眠の後にわずかしか震動しない。
それは、後に家族を基礎から数か月遠ざけても恋しく思わない。
実際、それは呼吸さえ必要ではない。

NASAのロボットRobonaut 2には、完全な宇宙外科医の素質が揃っている。

人間の特徴を持ったものは、国際宇宙ステーションに既に投入された。
ただ一つの問題は、そのモーター技術が多少、そのときに基本的であるということになる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

真実として、それは、無重力中でまだ歩くことさえできない。
また、恐らく、その最も印象的な物理的な功績は、現在までダクトテープの浮かぶ回転をつかむことであった。

しかし、NASAは、新しい新人のための大きな望みを持っている。
また、地上でチームによって開発される技術は、機械がそのチームメイトに結局人命救助手術を行なうことができることを意味するかもしれない。

「目的は、彼が最良の医者、看護師および内科医であることです。」とヒューストンのメソジスト病院のゾルト・ガラミ博士(Dr Zsolt Garami of the Houston Methodist Hospital)がBBCに伝えた。

「私たちの計画は僻地の中で遠隔医療医者としRobonaut 2を使用することです。」
Robonaut 2の名前が示唆するように、それは孤独ではない。

アンドロイドの4つのバージョンが現在あり、開発においてさらにより多くある。

それらのうちの1つは、超音波を使用して、静脈を針で突き刺すためにダミーの首にパルスをその後見つけるように地球で訓練されている。

「頚動脈を打たないようにしたい。」とゾルト・ガラミ博士が言った。

ロボットは、正確な作業の大きな可能性を持っている、と彼が言った。

例えば、一旦注入を与えることができれば、それは人体の同じスポットを見つけて、再び同じ角度を針に使用することができる。

彼は、血管内の外科のような複雑な医療手術を行なうために結局使用されており、ここで、患者が彼らの大血管によって働くロボットを見た。

しかし、短期でRobonaut 2は、宇宙ステーションのクリーナーとしてのより現世の役割に面している。

「ロボットはその縞を得なければならない」とRobonautプロジェクト・リーダーのロン・ディフトラー(Ron Diftler)がBBCに伝える。

機械は、穴からの気流をモニターするような国際宇宙ステーション上の「まさにボーリング・タスク」を既に与えられた、と彼が付け加える。

Robonaut 2は単なるトルソde、頭および腕として宇宙ステーションまで送られた。

それは、まだ1組の脚が次回の供給ミッションの上に到着するのを待っている。しかし、後で、ロボットは手摺りを清潔にし始めることができるに違いない、内部の表面および他の基礎的な仕事をすっかり拭く。

次の段階は、それが保守タスクを行うステーションの外に行くために、その後歩くことを学ぶことである。

その脚は足で7つの継ぎ目およびカメラを持つだろう。
したがって、それがどこに行くか「確かめることができるだろう。」
結局、ロボットは、不親切な場所での「不活発な」仕事、汚い仕事および危険な仕事を行なうだろう、とロン・ディフトラーが言った。

Strathclyde大学のテレプレゼンス・エキスパートであるゴードン・メイアー(Gordon Mair from the University of Strathclyde)によれば、外科の遠隔医療で主な挑戦のうちの1つは、外科医の動作と、ロボットが行う間のタイム・ラグである。

「もしあなたが切開をするなら、ロボットがそれにもたらしたある量の時間があるでしょう」と彼は説明する。

ロボットが深く作りすぎることを1秒の遅れさえが意味するかもしれない。切り口を浅くすることができたので、これはひどく手術に影響するかもしれない。

信号は、長い距離以上送信するのに距離がより大きくなるとともにより長くなるタイム・ラグと共に、時間がかかる。

地球と国際宇宙ステーションの間の信号用のタイム・ラグは2、3秒あり、これ以上長く期間を切り取ることができると、ロン・ディフトラーが付け加える。

火星へのミッションにとって、遅れはその問題をより悪くして、タイム・ラグは20あるいは30秒でありえる。

たしかにタイム・ラグは、大きな問題だが、それを扱っている医者がそのタイム・ラグでパニックになることも怖い。
さらに、誤作動。
そして、緊急停止。
患者を切り刻んでしまうかもしれない。

問題のまわりの可能な1つの方法はロボットをコントロールするためにステーションの内部の宇宙飛行士向けになる。

それは、手術中に傷に圧力をかけるのを例えば支援して、それらに手の予備を提供することができた。

コントローラーが段階のシーケンスを経験することをそれに命じて、手術の部分中に自主的に作用するようにロボットをプログラムすることができるかもしれない。

Robonaut 2は、既に様々なタスクで単独で作用するいくつかの能力を持っている。

例えば、宇宙管制は、何かを拾い上げるようにそれに命じることができる。
また、それは、物体を見つけて、それを識別し、次に、外で、それをつかむためにその視覚システムを使用することができる。

自律の外科医になることができる前に、オートマトンは、それに先立つ長い道を持っている。
しかし、NASAの大規模計画は、ロボットが火星の宇宙ステーションよちよち歩きの幼児から医者まで行くのを見るかもしれないと言っている。

実は、地上にはすでに、外科医のロボットがいる。

2014-01-13---ロボットは我々の仕事を盗むために来る。
2013-11-27---ロシアの新型ロボット宇宙飛行士「SAR-401」
2013-01-02---ISSのデスティニー研究所で、Robonaut 2をテスト中!
2012-03-16---M&M(Man and Machine/人と機械)
2011-03-08---おんぼろスペースシャトル・ディスカバリー最後の任務完了!
2011-02-24---スペースシャトル「ディスカバリー」最後の打ち上げ!
2010-11-02---ロボット「Robonaut 2」と宇宙飛行士の対面。 
2010-07-30---Twitterを使うロボットは、今秋に宇宙に旅立つ!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。