2014年04月04日

NASAのハッブル・チームは、怪物「太っちょ」を観測!

NASAは、NASAのハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)は、離れた宇宙で最大の銀河団「El Gordo(スペイン語で太っちょ/デブ)」として知られているカタログで「ACT-CL J0102-4915」を観測したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

集団の重力が遠くからのバックグラウンドで銀河のイメージを非常にゆがめる方法で観測することによって、天文学者のチームは、クラスタの質量が私たちの太陽の質量の3000兆倍もであると推定した。

ハッブル・データは、地球から97億光年離れている銀河団(が当初予測よりおよそ43%重いことを示している。

チームは、クラスタの質量がどれくらい強く宇宙を曲げたかを測定するために、ハッブルを使用した。

ハッブルの高解像度は、いわゆる「弱レンズ効果(weak lensing)」の測定を許可した。
そこでは、クラスタの巨大な重力は微細にびっくりハウス鏡のように宇宙を曲げて、背景銀河のイメージを歪めている。

曲がることが大きいほど、より多く、多量のクラスタに固定される。

Image Credit: NASA/ESA

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。