2014-04-04

NASAのハッブル・チームは、怪物「太っちょ」を観測!

NASAは、NASAのハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)は、離れた宇宙で最大の銀河団「El Gordo(スペイン語で太っちょ/デブ)」として知られているカタログで「ACT-CL J0102-4915」を観測したと報告した。

集団の重力が遠くからのバックグラウンドで銀河のイメージを非常にゆがめる方法で観測することによって、天文学者のチームは、クラスタの質量が私たちの太陽の質量の3000兆倍もであると推定した。

ハッブル・データは、地球から97億光年離れている銀河団(が当初予測よりおよそ43%重いことを示している。

チームは、クラスタの質量がどれくらい強く宇宙を曲げたかを測定するために、ハッブルを使用した。

ハッブルの高解像度は、いわゆる「弱レンズ効果(weak lensing)」の測定を許可した。
そこでは、クラスタの巨大な重力は微細にびっくりハウス鏡のように宇宙を曲げて、背景銀河のイメージを歪めている。

曲がることが大きいほど、より多く、多量のクラスタに固定される。

Image Credit: NASA/ESA