2014年04月03日

なぜ、台湾の不法なイルカ肉取引は繁栄するか!?

BBC Newsは、台湾は国際的圧力に直面し、、1989年にイルカを捕らえて売ったり、食べることを禁止された。

しかし、最近は、活発なブラック・マーケットでの取引がイルカ肉の中にまだあることを示した。

イルカを食べることは島に広範囲ではないが、実際はまだいくつかのエリアに存在している。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

BBCのカメラマンとレポーターは、最近台湾西部の雲林(Yunlin)を訪れた。
ここでは、イルカを食べる長い伝統がある。

それは水銀でいっぱいであると言われているが、人は健康によいと考えられて、イルカ肉はここで、非常に一般に食べられ、それは「海洋の豚肉」と呼ばれている。

それは地元住民間で、公然の秘密になっている。

それが不法であるので、秘密になり、それを売ると知られていた一仕切りでイルカ肉を注文した。

しかし、上司は、もはやそれを売らなかったと言った。

彼女が実際に出した油で揚げたケーキが肉を含むかどうか尋ねられて、彼女はそれを否定しなかった。

「何人かの人々は、これがイルカ肉であると言います。」と彼女が言った。

鮮肉はイルカ肉のように見えた。

それについて尋ねられて、彼女は単に笑った。

1ポイントで、彼女は、なぜ油で揚げたイルカ肉ケーキが生臭くないか、彼女がそれをマリネにする方法のためだったか私たちが彼女に尋ねた時、肉を売ったことを認めた。

「それは正しい。」と彼女が言った。

なるほど、私たちは、そのエリアで育って、しばしば肉を食べた友人に助けるよう頼んだ。

数日後に、彼は、問題のないイルカ・ケーキを注文することができた。

台湾の漁港では、沿岸警備隊オフィサーが、不法な海洋生物が捕らえられたかどうか確かめるために海から返るボートを慣例的にチェックする。

捕まると、罰は、最大の5年以内刑務所への収監、およびUS$50,000の罰金にもかかわらず、死んでいるイルカは見つかった。

3月前半に、沿岸警備隊オフィサーは、漁船に隠されたイルカ肉の3つのバッグの覆いを取った。

漁師は、彼が偶然にイルカを捕らえてそれを殺すつもりでなかった、と主張した。

しかし、それが実際に元あったものを覆うために、彼は頭、尻尾、ヒレを切り取っていた。

他の場合は過去2年に発見されました。

昨年の終わりには、最も大きな場合で、7.5メートルトンのイルカ肉は台湾南部で冷蔵倉庫で見つかった。それは近年発見された最大の備蓄であった。

職員は、150頭のイルカが死んだと推測した。

それを集めたベンダーは、もしそれをすべて売っていれば、500グラムごとでUS$3で売れ、あるいはUS$6,500以上で売ることができただろうと警察に伝えた。

エキスパートは、多くの場合が発見されないと言っている。
また、1,000頭ものイルカが毎年、台湾の漁師によって陸上へもたらされている。

漁師は、故意にイルカを捜し求めない。
しかし、哺乳動物は、漁師が捕らえようとする同じ種類の魚を食べて、漁船に続く傾向がある。
したがって、それらは漁網の中でしばしば捕まえられる。

哺乳動物が呼吸する必要があり、酸素なしでは5以上、10分までは、生き残ることができないので、それら漁網の中で溺れて、それらがボートまでもたらされる時までに死んでいる。

何人かのエキスパートは、数千頭のイルカが毎年このように死ぬと言っている。

地方の漁師は、彼らがイルカに対する同情を感じなかったとBBCに伝えた。

北東台湾宜蘭郡の蘇澳漁師協会会長(president of the Suao Fishermen's Association in north-eastern Taiwan's Yilan county)のチェン・チュン-シェン(Chen Chun-sheng)が「イルカは私たちの最悪の敵です。それらは私たちの魚誘惑をすべて食べます。それらは私たちにどこにでも続きます。」
「私たちはそれらを殺すこと以外にそれらを取り除くことができません。」
「しかし、国際会議はこれを許可しません。したがって、それらが私たちのネットに入る場合、私たちはそれらを捕らえます。私たちは故意にそれらを殺しません。しかし、悪い人がいて、彼を手に引っ掛ければ、彼に死んでほしくありませんか?Lin Chen-an」と言った。

約17,500人の漁師の協会のスポークスマンであるリン・チェン-アン(Lin Chen-an)は、
「それらが偶然にイルカを捕らえれば、漁師はそれを戻すでしょう。彼らは、海にそれを後ろに投げ込むことは恥であると思います。何人かの人々は肉をそれら自身食べます;いくらかはレストランへそれを売ります。」と付け加えた。

台湾政府は、クジラとイルカが保護されるべきであることを海岸の学校で、子どもに教える、イルカウオッチング旅行およびメッセージ交換グループを操作するために漁師に補助金を交付する。

しかし、動物保護団体は、動物を傷つける魚釣り方法の使用からの悲観的な漁師を含めて、より多くの物を行う必要があると言う。

台湾は、世界で最大の水産業のうちの1つで、魚の濫獲または密漁のことで環境運動グループによって非難された。

その近くの水域はかつてはクジラとイルカでいっぱいだった。
しかし、数が減少しているかもしれないと思う人もいる。

「我々は、総数が増加しているか減少しているかどうか知らない。しかし、それにもかかわらず、基礎は、我々がイルカを保護するべきであると思う。それらの数が健康な場合に限り、健康な全体の海洋である。」
「我々は、エコロジーが豊富であるのでイルカはここにいると思う。」と、黒潮海洋教育財団の管理者(director of Kuroshio Ocean Education Foundation)チャン・タイ-ディガ(Chang Tai-diga)が言った。

最近の場合、それにもかかわらず、山林学事務局の自然保護部門の課長林國彰(Lin Kuo-chang/リン・クウ・チャン)は、漁師がイルカ類の保護をはるかにより知っているようになったと近年言いました。

イルカが音波の使用によってのようにネットの中で偶然に捕らえられるのを防ぐ、いくつかの雇用方法、ボートあるいは竹は、イルカを払拭するために突き刺さります。

しかし、人々への雲林への訪問および会話が示したように、いくつかの地方自治体は、違反者を厳しく取り締まることができると思っていない。

「肉を売る人々を捕らえるのは簡単ではありません。」と台湾北部の宜蘭地区の不法な野生生物商売の検査官クオ・チー・ミン(Guo Tzy-ming, an inspector of illegal wildlife trade in northern Taiwan's Yilan County.)が言った。

「レストランの常連客である人々を知る必要があります。肉はメニュー上にありません。また、それは公然と表示されないが、冷蔵庫の内側にありません。冷蔵庫をチェックするために、私たちは裁判所命令を持っていなければなりません。しかし、私たちが一つを申請することができる前に、人々は妨害を報告しなければなりません。」
彼は、彼がそこで働いた15年でオフィスが1握り未満のケースを扱ったと言った。

したがって、問題は、まだ解決が出ていない。
イルカ肉の需要は、まだ台湾で存在している。

それは、より多くのイルカが不気味な運命を受けるだろうということを意味した。

台湾の人は、海友民族も多く、そこにあるものを捕って生きてきた歴史がある。
西洋人の論理では、解決できないのかもしれない。

それは、日本、韓国、中国そして、フィリピン、ベトナムなど、東南アジア全体にも言える。

また、食ったことにない人が反対しているのだろう。
海友民族にとって、それは旨い。

豚や牛を食うように、イルカやクジラが食える規則を、反対している人は提案すべきかもしれない。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト