gaYa広告

2014年04月04日

世界で、もっとも幸福な若者がいる国はどこか?

Business Insiderは、世界中の公衆衛生と安寧の改善を目指した政策は、しばしば幼児と大人に注目している。

しかし、その中間である、若者はどうか?

国際青少年育成財団の戦略・国際問題研究所(International Youth Foundation, the Center for Strategic and International Studies)とヒルトン(Hilton Worldwide)による共同努力として、ティーンズを30カ国で調査し、どうしているか評価しようとし、初めて「青年安寧インデックス(The Youth Well-Being Index)」を公開したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この調査がトップ30ではなく、研究調査が単に国として見た30カ国である。
それは、世界の若者の70%を含んでいる。

例えば、ナイジェリアは、世界で最後の3番目であった。

研究者は、インデックスを作成するために、世界の若さを12歳〜24歳して定義した中で、評価するべき40の指標「市民参加、ビジネス・チャンス、教育、健康、情報通信技術(ICT)、および安全性およびセキュリティ」を見ました。

この年齢集団の安寧は、皆にとって重要である。

その報告書は、「若さ差別がない社会が、成長し、繁栄する可能性がありそうです」
「その一方で排除の危険は発育不良の成長、犯罪および不安を含んでいます。」と述べた。

ここに、ランキングが(緑は最良、赤は最悪)と見ることができる
データのいくつかで、少数の驚きがある。

ベトナムは、より低い中間の収入として分類されたトップ15の唯一の国であった。

世界銀行(World Bank)は、高額所得、中流上層階級収入、より低い中間の収入および低所得として国々を分類している。

ロシアはトップ10にないただ一つの高所得国であった。

実際、ロシアの例外で1〜9はリスト上の最も9豊かな国々によって支配されます-。

さらに、高所得国一般に青年死のより低いレートがあった。しかし、それらには青年ストレスおよび自殺のより高いレートがあった。

例えば、ハイ・レベルのストレス、自殺および喫煙は、米国がランキングを引き下げた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。