on-the-time.jp

2014年04月03日

パキスタンのムシャラフ元大統領を狙った爆発!

BBC Newsは、パキスタンの元軍事支配者ペルベズ・ムシャラフ(Pervez Musharraf)の護衛ルートをターゲットとした爆弾は、彼が通過し多数分後に爆発したと報告した。

彼らは、それが前大統領をターゲットとする試みであると言った。
しかし、死傷者は報告されなかった。

爆発は、ムシャラフが治療していたラワルピンディの病院(hospital in Rawalpindi)からのルート上で橋を打った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

彼は反逆に対する裁判の最初に裁判所へ1月に行く途中で胸痛のために病院へ収容された。

今週の初めに、元軍隊チーフは権力を掌握していた時の間に主張された憲法違反に関する反逆で5つの責任を負った。

70歳のムシャラフは非難を否定しており、彼に対する罪名がすべて政治上に動機づけられると言った。

伝えられるところによれば、爆発は、水曜日の夜遅くにムシャラフは、イスラマバード(Islamabad)の郊外に陸軍病院から彼の農村にある住宅へ輸送されていたとき、ファイザバード・ブリッジ(Faizabad Bridge)で起こった。

ムシャラフの護衛が渡る前、あるいはその護衛の後に爆弾が爆発したかどうかは明らかではない。
しかし、AFP通信社によって引用されたある警官は、彼がブリッジを横断する前に爆弾が爆発したと言った。

「ブリッジの下のパイプラインに仕掛けられた4kgの起爆装置は、スポットを横断することになっていた前大統領の前で20分ごろ爆発した。」と上級警官Liaqat Niaziが言った。

ムシャラフは代替ルート経由で自宅へ連れて行かれた、と彼が付け加えた。

AP通信社によれば、彼のスポークスウーマンであるアアシア・イシャック(Aasia Ishaq)は、彼が家に安全に到着したことを確認した。

攻撃のための犯行声明はなかった。警察は彼らがそれを調査していると言った。

イスラマバード(Islamabad)の郊外ファイザバード・ブリッジ(Faizabad Bridge)のGoogle Earthポインター情報
33°39'52.5"N 73°05'13.1"E
または、
33.664578, 73.086975

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告