gaYa広告

2014年04月03日

古代のアンコール寺院をGoogle Street View!

BBC Newssは、Googleがカンボジアで最も有名な古代の寺院アンコールワット(Angkor Wat)をGoogle Street Viewの視界で見ることができるようにしたと報告した。

そう言えば、観光客の急増で、アンコールワットの崩壊が始まっていると言っていた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Googleはブログで、アンコールワットだけではなく、そのエリアの100を超える史跡も90,000を超えるパノラマ・イメージで利用可能になった言った。

イメージは、「技術がどのように方法文化遺産を変更することができるか、世代を越えて保存されています。」と、言っている。

アンコールワットのGoogle Map視界は、Street Viewによってアクセス可能なパスの濃厚なネットワークを示している。

タイの新聞バンコク・ポスト(Bangkok Post)は、年間200万人の観光客が毎年複雑なアンコールを訪れる、とが言った。

寺院のうちの1つを復興する10年間にわたるプロジェクトは2011年に完了した。

アンコール地域は強力なクメール帝国(Khmer Empire)の一部であった。
それは以前、現代のタイ、ラオおよびベトナムの数カ所を含む、巨大帝国であった。

寺院複合体はクメール王(Khmer kings)によって9〜3世紀間で構築され、国連遺産サイトである。

2013-06-18---空中レーザー照射で、カンボジアの隠れた古代都市を明らかにした。
2013-06-11---ニューヨーク博物館は「略奪されたカンボジアの彫像」を返却。
2012-08-24---車椅子で、空を飛ぶという危険!
2012-08-20---カンボジアのアンコールワット古代記念碑修復回復作業。
2012-06-09---1,000年の歴史があるアンコールの寺院は、数年で破壊される危険!?
2007-09-06---カンボジアのアンコールを衛星写真から、当時の様子を再現。

古代の寺院ンコールワット(Angkor Wat)のGoogle Earthポインター情報
13°24'44.89"N,103°52'1.15"E
または、
13.412469, 103.866986

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。