on-the-time.jp

2014年03月21日

第一次世界大戦の厄介なベルギーの不発弾。

BBC Newsは、第一次世界大戦(First World War)が始まったほとんど1世紀後に、何千もの不発弾が、まだ前の最前線で見つかっていると報告した。

まだほとんど手投げの爆弾による空爆だった時代に、10億を超える爆弾が発射された。

そのうち、約30%が不発弾という性能であった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

爆発すれば、それでその爆弾の仕事は終わる。

しかし、爆発しなければいる爆発するか判らない。

さらに厄介なことは、その爆弾は、多くが毒ガス弾である。

それを今も毎年150〜200トンを回収している。
回収は安全かと言えば、1919年以降、20人が死亡している。

Mail Onlineは2014年03月19日に、第一次世界大戦の爆弾で、2人が死亡したと報告した。

歴史的な都市イーペルの近くで、BBCのアンガス・クローフォード(Angus Crawford)は、歴史的な都市イーペル(Ypres)の近く、HQで一日を過ごした。

毒ガスと言えば、日本ではオウム真理教の地下鉄サリン事件であるが、あれからすでに10年以上が過ぎ、その攻撃者であったオウム真理教の犯罪者も釈放されていることだろう。

また、その前の赤軍派で大菩薩峠で多くの仲間を殺した人も釈放されている。

恐ろしい国である。

歴史的な都市イーペル(Ypres)のGoogle Earthポインター情報
50°50'57.2"N 2°52'40.6"E
または、
50.849225, 2.877939

2014-02-25---科学者ジョン・ホールデーンは、自分で毒ガスをテストした。
1915-04-22---第1次世界大戦でドイツ軍が初めて塩素系毒ガスを使用した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告