on-the-time.jp

2014-07-23

グラスゴー2014で、ケルト公園に100mのビデオ・スクリーンが登場。

スコットランドの新聞Scotsmanは2014年03月20日に、2014年07月23日から8月03日まで開催される2014年コモンウェルスゲームズ(XX Commonwealth Games, Glasgow 2014)のオープニングに、ヨーロッパで最大なる全体で長さ100mのLEDデジタル・スクリーンが、ケルト公園(Celtic Park)xに登場すると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

表示画像スクリーン・サイズは1,020平方mで、2014年07月23日に登場する。

ビデオ・スクリーンは、南に立てられて、競技場の長さを実行する準備ができている。

グラスゴー2014主催者は、何千もの観客のための「劇的で没入型の視覚的経験」生成にそれが重要な役割を果たすだろうと言った。

式の詳細はまだ明らかにされていない。
しかし、ボランティア・オーディションは進行中である。

式のヘッドであるデビッド・ゾルクワー(Head of ceremonies David Zolkwer)が、
「ケルト公園の全長を実行して、南に立っているこの規模のスクリーンの建物は、実際に大胆な次元をグラスゴー2014の開会式に加えるでしょう。」
「全くの光景を通って、素晴らしいストーリー装置として、私たちのゴールは、スクリーンが驚きの要因であることです。私たちが競技場のライブで、聴衆に伝えている話は、界中のテレビで見る何百万もの人々の何百への空想的な増加物です。」

スコットランドの全国フットボール競技場ハンプデン(Scotland’s national football stadium, Hampden)は、大会前にも変身している。

トラックと運動競技のフィールドを提供するために、表面は、金属竹馬のベッド上でほぼ2m上げられた。

ケルト公園(Celtic Park)のGoogle Earthポインター情報
55°50'58.2"N 4°12'22.4"W
または、
55.849497, -4.206211

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.