gaYa広告

2014年03月14日

イギリスのモバイル・ネットワークは学生機構からマーケティング・データを購入。

Cellular-Newsは、大学場所を申請する学生のための申し込みを処理するイギリスの組織は、モバイル・ネットワークを含む市場調査会社に学生情報を売ったことで非難されたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

総合大学(Universities)と単科大学(Colleges)の入試業務が報告されるUCAS(The Universities and Colleges Admissions Service)は、100万人の学生に関するデータと、それがターゲットとされた広告を売ろうと努力する会社へ、イギリスの1年当たり700,000人の新しい申込者のまわりの大学およびプロセスへのサービス制御許可として、それらの親がどこにいるかを売って、昨年£1200万を受け取った。

その結果、それはイギリスでヤングアダルトに関する最大の人口分析のデータベースのうちの1つになった。

ボーダフォン(Vodafone)とO2の両方は構成組織から情報を買ったと言われており、ティーンエイジャーと学生にサービスを売買するためにそれを使用した。

学生は、ダイレクト・マーケティングを受け取ることから、だが教育を逃すことを犠牲にしてのみ抜けることができ、同様に郵送物を疾走させる。

今マーケティング・データベースが教育の情報から分離するという要求がある。
その結果、学生は広告会社から連絡を受けることから抜けることができる。

プライバシー・ロビー団体ビッグ・ブラザー・ウォッチの代理監督エマ・カー(Emma Carr, deputy director of the privacy lobby group Big Brother Watch)は、
「UCASは、この情報を売るために法律内に完全にある。しかし、それらがそうしている方法はほとんどの資料収集組織と共に、状況のように秘密である。それは、学生が、それらがデータで行うことを期待するものを越える。」と言った。

UCASは、それが大学場所を捜す学生を課すとマーケティング・サービスからの収入が料金を縮小するのを支援するレスポンスであると言った。

このように明らかにされにくい金の流れが不正を生みやすいのも事実である。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告