2014-03-15

モスクワ・ラリーは、クリミアで介在に反対。

BBC Newsは、ロシア(Russia)に加わることを支持して脱退するクリミア地域投票(region of Crimea votes)の1日前にウクライナでその介在に反対するために、何千もの人々が、ロシアの首都モスクワで集会に出席していると報告した。

ロシアとウクライナの国旗を保持して、それらは、「The occupation of Crimea is Russia's disgrace(クリミアの占有はロシアの不面目です。)」と叫んだ。

より小さなプロモスクワ・ラリーは他のところで開催されていた。

[AD] You can advertise on this site.

モスクワは、投票を支援している。
ウクライナと西洋は、不法なものとして、それを否定した。

キエフ(Kiev)は、ロシアの「秘密工作員(provocateurs)」が、東ウクライナの衝突の後ろにあると言った。

互いに非難する側を備えた、ドニエツク(Donetsk)とカルキフ(Kharkiv)の都市の賛成論は、モスクワと反モスクワ集会で、3人が死んだ。

1954年までロシアの一部であったクリミア半島とその黒海艦隊へのホストロシアの軍事介入は、2月22日にウクライナのプロモスクワ大統領ビクトル・ヤヌコビッチ(Ukraine's pro-Moscow President Viktor Yanukovych)の落下に続いた。

これは、EU(European Union/欧州連合)とのより密接なつながりの取り引きに署名しないヤヌコビッチの決定によって口火を切られて、数か月間の不安に続いた。
ロシアとのより密接なつながりを代わりに選んだ。

米国とEUの両方は、モスクワに対する厳しい制裁を脅かした。

2人が金曜日にカルキフで死んだ後、臨時のウクライナの首相は彼のFacebookページ上で、
「近隣の状態からの賃貸された秘密工作員は、既にこの状況上で遊んでおり、挑発を専門的に準備しています。」

彼は、「ロシアの過激派軍隊との調整で犯罪で告発された元ウクライナのリーダーは、国の南東の計画された妨害に資金提供している。」と言った。

「それらにあなたを操作させないでください」とアバコフ(Avakov)は言った。

オレクサンダー・ツルシノフ暫定大統領(Interim President Oleksander Turchinov)は、「クレムリン代理人」が東ウクライナで抗議を組織しており、資金提供していたと言って、チャージを繰り返した。

モスクワは極右急進論者からその「同国人」を保護することを誓って、これを否定した。

他の開発で、国連安全保障理事会(UN Security Council)は、Natoメンバーの相互の防御コミットメントと同様に、ジョー・バイデン米国副大統領(US Vice-President Joe Biden)がウクライナの主権を支援する方法について議論するために来週の初めポーランドとリトアニアへ旅行するとともに、クリミアの国民投票を定義する米国に起草された解決上で土曜日に投票する。

ペンタゴンは、ウクライナの危機のために計画されたより長い数日の間、地中海でそれがその航空母艦戦闘集団を維持するだろうと言った。

クリミアおよび東ウクライナで政府の介在に反対するために、約50,000人がモスクワで集会に出席した。

「ウクライナを手で押し退ける。」抗議者のうちの数人は叫んだ。
「ウクライナとロシアの間の平和を望む人々はここで集まりました。」
「そのため、私はここにいます」と参加者のうちの一人が言った。

その中に、恥の感覚があります。モスクワがそうであるコース上に、次、BBCのリチャード・ギャルピン(Richard Galpin)はラリーで言った。

1人は、ソ連の独裁者ヨゼフ・スターリン(Soviet dictator Joseph Stalin)の時代にロシアが戻していると彼が思ったとBBCに伝えた。

クレムリン支持集会では、ウラジミール・プーチン大統領(President Vladimir Putin)の支持者、同一の赤い用品をロシアに摩滅させて、達する多数、およびソビエト・フラグがクリミア半島の国民投票を支援するために現われた。

「私たちはロシア・ウクライナの民族の友情向けです。」
「私たちは、ウクライナで政権を握ったファシスト政権と会社に『ノー』と言いたい。したがって、私たちは当然ウクライナで同僚を支援したい。」と、ある人が言った。

金曜日に、米国国務長官ジョン・ケリーと(US Secretary of State John Kerry)ロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフ(Russian Foreign Minister Sergei Lavrov)は、ロンドンで6時間の会談を行ったが、ウクライナの危機を解決する方法について合意に達しなかった。

ラブロフは、モスクワが「クリミアの人々の意志を尊重するだろう。」と強調した。

ケリー氏は、米国がウクライナでロシアの「正当な利益」を認めて、ロシアが「変更コースへの道を見つけなければ。結果があるだろう。」とラブロフに伝えた、と言った。

これだけ強く、ロシアに言える米国が、なぜ中国に強く言えないのか?
それは米国企業が、中国の消費に期待しているからであった。
実に、現実的と言える。

やっていることはロシヤより、中国の方が、独立国を多数脅迫しているので、はっきり言わないと、東南アジアの巨大市場で、弱い米国だけが表面化する。

2014-03-14---ウクライナのロシア人は、「私たちを救わないでください。」と言った。
2014-03-13---ウクライナの地図は、過去にクリミアでトラブルになった歴史を解明。
2014-03-11---「クリミアの自治共和国の独立の宣言」を採用。
2014-03-10---キエフのロシアン・ルーレット。
2014-03-10---プーチンの経済ギャンブルとクリミア急襲。
2014-03-08---ウクライナのロシア支持は「偽物」?
2014-03-08---モスクワを無視したキャスター、ウラジミール・ダンチェフ。
2014-03-08---ロシアの外務大臣は、ウクライナの危機が「人為的に作成されました」と言った。
2014-03-07---プーチンの強さの秘密は「ハイハイ不足」?
2014-03-07---ロシアは、最大のソーチ・パラリンピック冬季大会への参加を歓迎。
2014-03-07---ウクライナは、ソーチ・パラリンピックに参加!
2014-03-06---クリミアの基礎知識;クリミアはなぜそれほど危険か。
2014-03-06---ロシア、自国艦沈ませ、黒海への海路ふさぐ。
2014-03-06---女性権利団体「FEMEN」、クリミアとニューヨークのタイムズスクエアで大活躍。
2014-03-05---ウクライナ・テレコムに、クリミアからサイバー攻撃!
2014-03-04---プーチン大統領は、ウクライナにロシア軍を送り込む必要がないと言った。
2014-03-04---ウクライナの側面、ロシアの貿易および金融制裁発言は、間違い!
2014-02-21---ウクライナ大統領と野党代表が合意文書に署名。
2014-02-20---写真で見るウクライナの首都キエフの惨状。
2014-02-20---ウクライナの大統領が「停戦」合意を発表。
2014-02-19---ウクライナの衝突!火はキエフの独立広場で燃え続けている。
2014-02-11---旧ソ連の都市調査者。
2014-02-10---キエフのバリケードから、ショパンの曲が流れた。
2014-02-07---米国務省ビクトリア・ヌーランド国務次官補の「Fuck the EU」完全版。
2014-01-23---YouTubeに、ウクライナの特殊部隊員が裸の男性に暴行する動画。
2013-12-25---ウクライナで、反政府活動家のむち打ちに、憤慨が起こった。
2013-12-15---EUは、ウクライナの取引協定の研究を停止。
2013-12-13---EU支持の活動家ピンナップ・カレンダーを公開。
2013-12-01---ウクライナの抗議で、何千人もが、首都をデモ行進。
2013-11-27---ウクライナの顔を対照させること。
2013-11-23---80年前に起こった、ウクライナの暗黙の大虐殺の記憶。
2013-07-30---ウクライナは、国旗侮辱罪で米国のバンドを5年間入国禁止!
2013-04-04---「国際トップレス聖戦の日」
2013-01-19---ウクライナの前首相は殺人事件容疑者。
2012-12-21---ウクライナの寒波は、少なくとも83人が死んだ!
2012-11-27---ロシアとウクライナのジャーナリスト、ブリュッセルへSOS!
2012-10-11---ウクライナ、「ゲイの宣伝」禁止に狙いを付けた。
2012-08-21---プーチン「死プロット」で、ウクライナはロシアへの犯罪人引き渡しを停止。
2012-07-07---チェルノブイリの汚染した森林の山火事は、死の灰を世界中にまき散らす!?
2012-06-10---売春は、新たなファッシズム!?
2012-03-29---ウクライナのレイプ・スキャンダル犠牲Oksana Makarは死んだ!
2012-02-09---極寒の今年、ナポレオンの失敗を例証。
2011-10-11---ウクライナの元首相ティモシェンコの裁判で評決が出される。
2011-05-06---ウクライナ政府は、チェルノブイリ原子力発電所を訪問者に公開。
2011-04-26---チェルノブイリ記念日に、メドベデフ大統領は核規則を要求。
2011-03-29---チェルノブイリの大事故から25周年、その立ち入り禁止区域に住む人達!
2011-02-01---バルコニーは私有財産!政府は規制できないと裸の抗議!
2010-12-14---男性だけのウクライナ内閣に抗議し、女性活動団体が「放尿!」
2010-05-27---乳房を青色に塗ったトップレスの女性権利活動団体メンバー。
2009-11-09---キエフの政治デモは色っぽい!
1908-11-09---イギリスで最初の女性市長が誕生した。
1854-10-25---第93ハイランド連隊がバラクラバの戦いで自陣を守り抜いた。
1854-03-28---イギリスとフランスがクリミア戦争で、ロシアに宣戦布告した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.