on-the-time.jp

2014年03月14日

米国核施設火事は「予防可能だった。」

BBC Newsは、メンテナンスと安全の間違いは、2014年02月に起こったただ一つの米国地下核廃棄物貯蔵をシャット・ダウンしたトラック火災の根にあった、と報告書は述べたと報告した。

その報告書は、さらにニューメキシコ州カールスバード(Carlsbad, New Mexico)の郊外で、WIPP(Waste Isolation Pilot Plant/核廃棄物隔離試験場)で危機対応と見落としに関する問題を引用した。

州の2人の上院議員は、深く関係のある発見物と呼んだ。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

特定の種類の防御核廃棄物を保持するWIPPは先月、放射能漏れの後に閉じられ続けている。

17人の労働者を汚染した火災と漏洩が関連づけられるかどうかはまだ不明瞭である。

漏洩に関する個別の報告書は来たる週に期待されている。

事故は塩性リポジトリ(salt repository)で最初の大事件であった。
それは15年前に米国防御サイトから放射性廃棄物を取り始めた。

2014年03月14日金曜日に公表された報告書では、米国エネルギー部のAIB(Accident Investigation Board/事故調査委員会)は、2014年02月05日の火災が予防可能であることを知った。

根本的原因が「十分に地下ものの中の火に関する危険を認識し、緩和するためにサイトを実行する現在と前の契約者の失敗だった。」と事故調査委員会は書いた。

塩を運ぶローリーは可燃物の強化を防ぐほどはしばしば養われなかったし、清潔にではなかった、そして、自動発射抑制システムに搭載されて、非活性化された。

「1つの、鉱山文化に対して核、不用の取り扱い対非不用の取扱設備のメンテナンスに著しい違いがある場合、存在する。」と、その報告書は述べた。

木曜日のカールスバードの地域集会で、報告書を試写するために、捜査主任テッド・ワイカ(Ted Wyka)は、他のものに避難するように命じるために、「それらができたことをすべてした。」と言って、火が出始めた時、鉱山中の半マイルの地下だった86人の労働者を賞賛した。

しかし、多くの安全装置およびプロセスは故障した、とワイカが言った。

緊急ストロボは撤退発表を聞かれた全従業員ではなく5分間活性化されなかった。

1人の労働者は、さらに空冷方式を標準からろ過モードまで切り替えた。
それは、トンネルを通って大きくうねる煙を送った。

6は火災の後に気道熱傷の治療を受けた。

初めは、発見物を個人的にとったと言って、会合をアドレスしたとともに、エネルギー部のカールスバードの支部を運営するホセ・フランコ(Jose Franco)は、阻んだ。

「しかし、私は、何が重要か思います。私たちは明確に逃げました。誰でもひどい怪我をしていることがない。」とフランコは言った。

「したがって、私たちはそれから学習する必要があります。それは私が聞きたかったものです。また、私は真実を望みました。私たちは糖衣を必要としません。」

サイトの現在の契約者は設備の社長とプロジェクト・マネージャーを降格した。

報告書は見落としの中のギャップにより、サイトの契約者および支部を表彰したが、さらに、それは「資源を再評価する」ために必要とされる機関本部がWIPPに当てはまるように勧めた。

2月に、エディー・カウンティー委員スーザン・クロケット(Eddy County Commissioner Susan Crockett)は、「WIPPでメンテナンスのために資金提供することにおける遅れがあった。」とBBCに伝えました。

「私たちはちょうどメンテナンスのために過去3年の間で、US$1000万を求めています。」と彼女が言いました。

漏れと労働者が早くも今週末にサイトを再び入れると予想されるので、地下サイトの試験は継続した。

ただし、このような危険な場所を詳細にPDFで公開して大丈夫なのだろうか?

ニューメキシコ州の都市カールスバード(Carlsbad, New Mexico)にあるWIPP(Waste Isolation Pilot Plant/核廃棄物隔離試験場)のGoogle Earthポインター情報
32°22'20.0"N 103°47'39.3"W
または、
32.372231, -103.794250

2014-03-06---米国のサイトで、より多くの放射能漏れ。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告