on-the-time.jp

2014年03月15日

以前、恐竜が歩き回ったポルトガルの町。

超過去

BBC Newsは、ヨーロッパの大陸を歩き回るために何が今までで最大の捕食動物であると科学者が考えるかで、ポルトガルの最近の識別は、単に「恐竜の土地」として知られるようになった、小さな町のための最新の押し上げになっと報告した。

彼は9歳の時に、最初の大きな恐竜からの巨大な歯を発見をし、この人は現在、その発見物を大見だしで世界的に報じられている研究計画をリードする地方の少年のおとぎ話で最新の章であった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

化石が高く積まれた研究所でオクタビオ・マテウス(Octavio Mateus)は、ちょうど彼が興奮した子どもとして見つけたときのように、新しく識別された種から、短剣のサイズの歯を持ち上げた。

「この葉状の歯で、あなたははっきり鋸歯状の切り込みを見ることができます。これは猛烈な捕食動物でした。」と彼が説明した。

「それをティラノサウルス・レックスは、これらが肉を切り離すことだったとき、骨によって砕けるのに適して、横断面は非常に円形で、バナナのような歯があると比較してください。」

「それらは表面的に類似していますが、これはこれらの動物の発展で異なる物を食べる戦略を示します。」

現在38歳の、オクタビオはリスボンのUniversidade Nova (New University)の教授である。
そこでは、彼は、国の古生物学で最初の学位を教えている。

しかし、彼は、ここから50km(30マイル)北にある彼の両親が、豊富なローカル民族誌学・出土品を収容するために30年前に設立するのを支援したロウリニャン(Lourinha)の博物館で多くの時間を過ごしている。

皮肉にも、古生物学のセクションはかなりの後知恵であった。

現在は、多いに拡張して、7,000人の人口である町へ、年間約25,000人のビジターを連れて来るのは大きな吸引力である。

真実は、ロウリニャンの評判には、2つのことがある。

そのエリアは、ブランデーで、より有名な両方ともフランスのであるコニャック(Cognac)とアルマニャック(Armagnac)と、他の3つ目の公式に認識された生産者のうちの1つである。
また、その岩は、とりわけ大西洋岸に沿った崖の中で、それらの地質学およびアクセシビリティにより、ジュラ紀時代の化石(Jurassic-era fossils)の埋蔵物であった。

発見が増加したとともに、そして博物館のディスプレイは成長し、地元住民はユニークな遺産にさらにより多くの誇りを持った。

ロウリニャンのビジネスは、しばしばそれらの名前に単語「dino」を持っている。
また、多くのロゴが、絶滅した動物のうちの1つの漫画バージョンを特色としている。

1軒のカフェでは、重い化石化された脚骨は、ペストリー・カウンターの隣に柱のように立っている。

町入口の歓迎されるサインは必然的に流行する恐竜および1つを特色とし、遠回りに、動物のうちの3つの大きな金属シルエットによって支配されている。

恐竜テーマ記念品は多い。

騒動がすべて正当化されている。

その古い町裁判所に収容された博物館は、イベリア(Iberia)において、最も重要なもの中で世界で最大のジュラ紀後期からの恐竜化石のコレクション(boasts a collection of dinosaur fossils from the Upper Jurassic)を誇っている。

博物館で見つけられる恐竜のうちの1つは、彼がまだ生物学大学生だったころ、オクタビオ自身によって新しい種であると確認された捕食動物Lourinhanosaurusである。

「この種は、町の名前を受け取りました。それは私たちのために少し像です。」と言っている。

研究経歴の間に、オクタビオが作り続けただけではなく、主、ポルトガルで見つけるが、アンゴラとブルガリア両者の最初の恐竜を発見した。

彼の最新の見学旅行はグリーンランドの2億年前のわにで、三畳紀の時代から似ている、大きな爬虫類である。

しかし、ロウリニャン博物館の研究所で彼はローカルの化石を準備して時間を過ごす、明らかに彼のための特別の場所である。

多数の卵を備えた完全な骨格から化石化された巣までのディスプレイの恐竜関連のアイテムで、しかし2人の胎児の残りと同様に何百もの数個の可視シェルと共に、まだ適所で、砕かれた。

巣は、彼がよちよち歩きの幼児と大差ないものだった時、オクタビオのために、始まった遠出の間にマテウス・ファミリーによってされた多くのはっと思わせるような掘り出し物のまさに1つであった。

ロウリニャン(Lourinha)のGoogle Earthポインター情報
39°14'29.4"N 9°18'46.6"W
または、
39.241486, -9.312950

2014-03-04---3万年前の巨大なウィルスは「生き返った。」
2014-02-26---チリの「クジラ丘」で、化石のクジラ墓地を発見。
2014-02-07---アフリカ以外で、最古の人の足跡をノーフォークで発見。
2013-11-27---1億5000万年前のディプロドクス化石が、オークションに登場。
2013-10-31---巨大恐竜、脚類の秘密が明らかにされた。
2013-08-19---マンモスを再生することは、科学的にほとんど不可能!
2013-07-17---大きな鼻、長い角のある新しい恐竜。
2013-07-02---恐竜は、どのような色だったのか?その決定の科学技術!
2013-05-11---米国は、密輸した恐竜の化石をモンゴルへ返却。
2013-05-08---北米最古の恐竜の化石を発見。
2013-04-18---化石で、記録ギャップを満たす恐竜。
2013-03-26---ダイナザウルスのセックス?!
2012-06-20---米国の政府、ティランノサウルス「Bataar」を差し押さえた!
2012-06-17---古代の温かかった緑地の南極を探査!
2012-05-21---論争の中で、ティランノサウルス恐竜骨格化石が売れた!
2012-05-07---恐竜のおならが、「地球を温暖化」した。
2012-02-29---恐竜時代の巨大ノミの化石を発見!
2011-09-19---恐竜の死滅の原因は、惑星激突ではないかもしれない!?
2011-09-15---琥珀に閉じ込められた8000万年前の「羽毛」
2011-09-04---鳥に親指はあるか?この100年越しの謎を解明!
2011-08-24---中国で、6550万年前の恐竜絶滅地層の境界を確認!
2011-08-12---化石は、「首長竜目」が産卵しなかったと示唆した。
2011-07-27---始祖鳥は、恐竜のような鳥?鳥のような恐竜?
2011-06-23---大昔に生きていた恐竜の体温の計り方!
2011-06-21---人間は人間の時代を乗り切ることができるか?
2011-06-02---恐竜の雄と雌の見分け方。
2011-05-20---人類は地球を造り変えた「アントロポセン」時代。
2011-04-20---世界最大のクモの化石!
2011-04-01---日本のすぐ近く、中国山東省諸城で、Tレックス級の新種の恐竜化石発見!
2011-02-23---新種の恐竜「雷腿(thunder-thighs)」
2011-02-08---南極大陸のシークレット、南極は森林だった!
2011-01-25---内モンゴル自治区で、「1本指」の新種肉食恐竜を発見!
2011-01-20---産卵直前の翼竜の化石、中国で発掘!
2011-01-11---National Geographic Kidsで、700匹の恐竜を発表!
2010-11-26---ほ乳類は恐竜絶滅後、いかに大型化していったか!
2010-10-05---さらに後退した恐竜消滅の時間。
2010-09-22---米国のユタ州で、15本もの角をもつ恐竜など、新種の角竜2種を発見!
2010-09-08---背中にこぶのある新種の肉食恐竜の化石を発掘。
2010-05-10---1億5000万年前の始祖鳥の化石で羽の残りが保存されていた。
2010-03-23---ジュラ紀初期の新種の恐竜の化石を発見!?
2010-03-04---「白亜紀第3紀間絶滅(KT絶滅)」の原因は、小惑星の衝突が原因。
2010-02-05---12cmの小型羽毛恐竜「アンキオルニス(Anchiornis)」の化石から、全身の色を推定。
2010-01-27---恐竜の羽毛の色を化石から発見!
2009-11-19---サハラ砂漠で約1億年前のワニ5種の化石が発掘された。
2009-10-22---フランスで世界最大の恐竜の足跡を発見した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。