on-the-time.jp

2014年03月14日

カッシーニ宇宙船は、土星のまわりのパスを航海するために「πトランスファー」を使用。

NASAは2014年03月14日に、カッシーニ宇宙船(Cassini spacecraft)は2007年1月19日に、タイタン(Titan)の接近飛行で「πトランスファー(pi transfer)」と呼ばれる可視のドキュメンテーション技術を完成し、土星の輪を見たと、パイ日(Happy Pi Day!)に紹介した。

カッシーニ宇宙船が土星の異なる展望を獲得することができ、種々様々の科学目的を達成することができるように、カッシーニ宇宙船の軌道を変更するための「πトランスファー」中に、土星最大の月タイタンの重力を使用した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

それらの全体で輪を訪れることは、特にこのイメージング・シーケンスの焦点であった。

カメラ露光時間は、その輪がより長く適切に日の照っている土星を露出するのに必要で、それはより暗黒面を捕らえる単に権利であった。

したがって、惑星の日の照っている半分は過度に露出されている。

視界は、カッシーニが主な環系全体を横切って走査したので、約2.5時間に得られた赤、緑および青画像の12の別個のセット36の画像のモザイクである。

この視界は、輪航空機の約40度上から、輪の点火していない側に面している。
この自然色素視界中のイメージは、カッシーニ宇宙船の広角度カメラで、土星から約123万km(764,000マイル)離れて得られた。
イメージ規模は1つのピクセル当たり70km(44マイル)である。

Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute

0000-03-14---パイ日(Happy Pi Day!)。それは同時に、アインシュタインの誕生日。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。