on-the-time.jp

2014年03月14日

行方の判らない飛行機を米国が、インド洋で探索。

BBC Newsは、CNNは米国が、音信不通になってから、行方の判らない飛行機がまだ4時間以上飛んでいたと言ったことから、米国はマレーシアの飛行機を探索するのを支援するためインド洋へ、監視チームを送ったと報告した。

無名の職員は、調査者が考えたより、飛行機がその明白な消失の後に5時間以内衛星に信号を送ったと言った。

しかし、調査者は、データが決定的でなく、マレーシアが、クレームに関してコメントすることを拒絶した、と言った。

飛行MH370はこの前の土曜日搭乗中の239人と消えた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

飛行機はクアラルンプールから北京へ飛んでいた。
マレーシアの東、南シナ海上の航空交通管制との最後の接触が行われた、

しかし、木曜日に関するいくつかの米国メディア報道は無名の職員を引用し、ボーイング777が航空管制官とのその最後の接触の後に何時間も衛星が「飛んでいたことを通信が追跡していた」と言った。

それは、飛行機がその最後の確認されたレーダー観測を越えて1,600km以上(1,000マイル)飛ぶことができたと捜索者が考えた。

飛行機の捜索で支援する多くの国々のうちの1つである米国は、インド洋、何百ものマレーシアの西のマイルに海軍破壊者(navy destroyer)と精巧な偵察機を出発させた。

インドの海軍、空軍および沿岸警備隊は、さらにマレーシア政府からの支援の要請の後に今支援している。

BBCのクアラルンプールのジョナサン・ヘッド(Jonathan Head)は、多くの誤りの鉛板が見当たらない飛行機の捜索に既にあったと言った。

しかし、彼は、最新のクレームが米国によって真面目に受けとめられていると言った。

土曜日にマレーシアの北の西を空輸するレーダーによって、彼が不明機が追跡したと言うように、通信社がその後無名の出所を示したロイターは、マレーシアの調査を閉じた。

情報筋は、調査者が、それが見当たらない飛行機なのではないかと今疑問に思ったと言った。

ホワイトハウスのスポークスマンであるジェイ・カーニー(Jay Carney)は、米国チームが「新しい情報」のためにインド洋へ彼らの焦点を移していることを確認した。
しかし、彼は詳細をそれ以上示さなかった。

マレーシアの活動している運輸大臣ヒシャムンディン・フセイン(Hishammuddin Hussein)は、捜索区域がマレーシアの半島の東および西の両方を拡張していたと記者会見で言った。

彼は、衛星データに関するクレームに気づいていると言った。
しかし、もし情報が「関係当局によって確証されていなかったならば、彼はどんなクレームに関してもコメントしないでしょう。」と言った。

インドは、ジェットが下へ来たかもしれないと信じる人もいるエリアを越えてよく伸びる範囲を備えたアンダマン諸島の中に軍用レーダーで捜査している。

これまでの目視による捜査ではなく、米国がスパイで構築した最新技術が投入されることになった。

その間に、中国の研究所は、飛行機が消えた約90分後、それが「海底の出来事」の証拠を見つけたと金曜日に言った。

中国科学技術大学の地震学研究グループ(The seismology research group at the University of Science and Technology of China)は、国営メディアによって地震活動で知られていないエリアの飛行機の最後の接点の北東方向で、それが116kmで起こったと言った。

研究グループは、振動が海へ突っ込む飛行機によって引き起こされるかもしれなかったと言った。

イギリス地質調査所の海洋地質学者デイブ・ロング(Marine geologist Dave Long from the British Geological Survey)は、海洋を襲う飛行機によってリリースされたエネルギーが水の中で急速に消されるだろうとBBCに伝えた。

彼は、そのような小さな動作を拾い上げるどんな装置もそれを意味して、インパクトに非常に敏感でなければならなく信じられないほどに接近していなければならないだろう、と言い、チームを探索する、残骸をどこde捜すべきか今正確に知ると言っている。

ただし、そうなると、もっとも正確な地震情報を発信している米国のUSGS(U.S. Geological Survey/米地質調査所)のデータが気になる。

中国のシステムより、数段正確なはずである。

米国、インド、中国、さらに日本も含め、世界中が、科学の競争を始めた。

誰が最初にゴールするか?

アンダマン諸島は昔、しっぽが生えた人間が住んでいるという噂があった。

2014-03-13---見つからない飛行機に、マレーシアはシャーマンを雇った!?
2014-03-13---中国衛星が南シナ海で浮遊物3点発見!?
2014-03-13---ミステリー、不明機、交信途絶後も4時間飛行?
2014-03-11---盗んだパスポートは、テロに無関係!?
2014-03-11---航空機に搭載されたブラックボックス・データは、海洋底で30日継続。
2014-03-09---中国の沿岸警備隊船が、マレーシア航空機が消えた領域に到着。
2014-03-09---Freescaleのスタッフ20人が、行方不明のMH370に乗っていた。
2014-03-08---マレーシア航空、北京行きの航空機が消息を絶った。
2014-03-08---大きな油膜を発見!搭乗中の2人が偽名を確認!マレーシアの飛行機は墜落したと推定。
2014-03-08---行方不明になったマレーシア航空の搭乗者リストをPDFで公開。

アンダマン諸島のGoogle Earthポインター情報
12°13'28.4"N 92°45'03.4"E
または、
12.224553, 92.750944

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告