gaYa広告

2014年03月14日

アンネ・フランクの本を破った日本人を逮捕。

BBC Newsは、日本の警察は、アンネ・フランクの日記(Anne Frank's diaries/日本では、アンネの日記一般に言われている)と、その関連材料のコピーを破壊した疑いをかけられた人を逮捕したと報告した。

300コピーを超える本が東京エリアの公共図書館および書店で破られたと分かった。

警察は容疑者は失業中の36歳で、まだ動機を立証していないので、身元を明らかにしていない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

アンネ・フランクの日記は、第二次世界大戦中に。彼女の家族がナチ党によって死の収容所に送る前に、アムステルダムで隠れ住んでいたときの話の内容である。

東京の警察は、尋問している容疑者が23冊の本のページを破ったことを認めたと言った。

日本のメディアは、彼の精神的能力についての疑いがあると報告した。

その人は、被害を受けた本のうちのいくつかが見つかった書店のうちの1つで、ポスターを掲げた罪で以前に逮捕された。

警察は、彼が2月以来ずっと東京西部の38の図書館で起こっている、破壊行為のすべての出来事の後ろにいたかどうか明らかにしようとしている。

いくらかは、日本の政治、および第二次世界大戦中のいくつかの残虐行為の真実の尋問で出来事が右翼を反映するかどうか疑問視した。

攻撃が報告されて以来、イスラエルの日本の大使館は東京の公共図書館へ300冊を超えるアンネ・フランク関連の本を寄贈した。

特派員は、多くの日本人のために、本がホロコーストに関する知識の基礎を形成すると言った。

アンネ・フランクの日記は1952年12月に日本語に翻訳され、1953年にベストセラー・リストでトップに立った。

イスラエルの人が、日本人を誤解しないことを期待する。
狂った人は、世界各国にいるが、この人が日本人の平均ではない。

2012-06-25---アンネの日記の出版から65年、アンネのいとこが生前を語った。
2010-01-11---「アンネの日記」の最後の関係者ミープ・ギースが死去した。
2007-02-26---「アンネの日記」を燃やしたことで係争になっている裁判。
2006-04-10---意外なアンネの手紙!
2005-11-08---アンネの日記の家が、学校プロジェクトで利用できるようにした。
1945-03-12---「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクが死去した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト