on-the-time.jp

2014年03月14日

アンネ・フランクの本を破った日本人を逮捕。

BBC Newsは、日本の警察は、アンネ・フランクの日記(Anne Frank's diaries/日本では、アンネの日記一般に言われている)と、その関連材料のコピーを破壊した疑いをかけられた人を逮捕したと報告した。

300コピーを超える本が東京エリアの公共図書館および書店で破られたと分かった。

警察は容疑者は失業中の36歳で、まだ動機を立証していないので、身元を明らかにしていない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

アンネ・フランクの日記は、第二次世界大戦中に。彼女の家族がナチ党によって死の収容所に送る前に、アムステルダムで隠れ住んでいたときの話の内容である。

東京の警察は、尋問している容疑者が23冊の本のページを破ったことを認めたと言った。

日本のメディアは、彼の精神的能力についての疑いがあると報告した。

その人は、被害を受けた本のうちのいくつかが見つかった書店のうちの1つで、ポスターを掲げた罪で以前に逮捕された。

警察は、彼が2月以来ずっと東京西部の38の図書館で起こっている、破壊行為のすべての出来事の後ろにいたかどうか明らかにしようとしている。

いくらかは、日本の政治、および第二次世界大戦中のいくつかの残虐行為の真実の尋問で出来事が右翼を反映するかどうか疑問視した。

攻撃が報告されて以来、イスラエルの日本の大使館は東京の公共図書館へ300冊を超えるアンネ・フランク関連の本を寄贈した。

特派員は、多くの日本人のために、本がホロコーストに関する知識の基礎を形成すると言った。

アンネ・フランクの日記は1952年12月に日本語に翻訳され、1953年にベストセラー・リストでトップに立った。

イスラエルの人が、日本人を誤解しないことを期待する。
狂った人は、世界各国にいるが、この人が日本人の平均ではない。

2012-06-25---アンネの日記の出版から65年、アンネのいとこが生前を語った。
2010-01-11---「アンネの日記」の最後の関係者ミープ・ギースが死去した。
2007-02-26---「アンネの日記」を燃やしたことで係争になっている裁判。
2006-04-10---意外なアンネの手紙!
2005-11-08---アンネの日記の家が、学校プロジェクトで利用できるようにした。
1945-03-12---「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクが死去した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト