on-the-time.jp

2014年03月14日

USエアウェーズの飛行機は、フィラデルフィアから離陸中に前輪吹っ飛んだ。

CNNは、USエアウェーズ(Philadelphia's airport)の飛行機は木曜の夜、目撃者によると飛行機が停止するために気味悪く高い音を出す前に、フィラデルフィア空港で離陸の間に前輪タイヤを吹っ飛ばした、と航空会社スポークスマンが言ったと報告した。

第一次答申を引用して、USエアウェーズのスポークスマンであるトッド・レーマチャー(US Airways spokesman Todd Lehmacher)は、タイヤ問題の後に離陸を中止することを民間航空機のパイロットが決定したと言った。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フィラデルフィア国際空港(Philadelphia International Airport)はぴいぴいとさえずり、飛行機の前脚は崩壊した写真はを公開した。

連邦航空局スポークスマンのジム・ピーターズ(Federal Aviation Administration spokesman Jim Peters)は、事故が午後6:25ごろ起こった。USエアウェーズのWEBサイトによると、1702便は、午後5:50に離陸し、かつ約3時間後にフォートローダーデール(Fort Lauderdale)に着く予定だった。

フィラデルフィア消防総監ロイド・アイヤ−ズ(Philadelphia Fire Commissioner Lloyd Ayers)は、2人の女性が軽傷で、飛行機から,都市のメソジスト病院(Methodist Hospital)に搬送されたと言った。

エアバスA320に乗っていた149人の乗客および5人の乗組員が降りて、約400ヤード離れた場所に移動させられた。

消防士は、1台のエンジンから来る煙を見つけたが、火を見つけなかった。

「ほとんどの人々は寒いことについて不平を言っていました。」と報告している。

ペンシルバニア空港で出発と入港フライトは一時的に停止された。

1つの走路はその後に暫くの間閉じられ続けたがそれらのうちのいくつかは午後6:55ごろ再開した。

飛行機事故は、なぜか連鎖する。

フィラデルフィア国際空港(Philadelphia International Airport)のGoogle Earthポインター情報
39°52'29.9"N 75°14'56.7"W
または、
39.874972, -75.249072

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。