on-the-time.jp

2014年03月08日

大きな油膜を発見!搭乗中の2人が偽名を確認!マレーシアの飛行機は墜落したと推定。

ロイターは、Anuradha RaghuとNguyen Phuong Linhの報告として、227人の乗客と12人の乗組員を乗せていたマレーシア航空(Malaysia Airlines flight carrying 227)が、土曜日にベトナムの海岸で墜落したと推定し、さらにマレーシア航空とヨーロッパの政府関係者は、搭乗中の2人が偽名を使用していたと言ったと報告した。

北京に向かってクアラルンプールから離陸した約1時間後、なぜボーイング777 200ERがレーダー・スクリーンから消えたか?
悪天候の報告やそのサインは見つからなかった。

マレーシア航空会社CEOアフマド・ジャウハリ・ヤヒヤ(Ahmad Jauhari Yahya)が記者会見で、「私たちは可能性を除外していません」と言った。

それが見当たらなくなった24時間以上後、日曜日の午前までに、飛行機あるいは任意の残骸の確認されたサインは見つかっていない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

オペレーションは夜じゅう継続するだろう、と職員が言った。

サボタージュの表示もテロ攻撃のクレームもなかった。

しかし、航空会社によって出された乗客名簿は、マレーシアの外務省によれば、飛行機に実際いなかった2人のヨーロッパ人(オーストリア人のクリスチャン・コーゼル(Christian Kozel)とイタリアのルイージ・マラルディ(Luigi Maraldi)という名前を含んでいた。

ウィーンの外務省スポークスマンは、
「私たちの大使館は、搭乗中のオーストリア人がいたという情報を得ました。それはマレーシア航空会社からの乗客名簿でした。私たちのシステムは、これが盗んだパスポートであるノートとともに復活しました。」と言った。
オーストリア警察は家で本人を見つけた。

彼がタイで旅行している間パスポートは2年前に盗まれた、とスポークスマンが言った。

ローマの外務省は、リストにルイージ・マラルディが載っている名前の包含にもかかわらず、そのイタリア人が飛行機上にもいないと言った。

彼の母親レナータ・ルッキ(Renata Lucchi)は、彼のパスポートが2013年にタイで、消えたと言い、ロイターに盗まれて推定すると伝えた。

米国とヨーロッパの治安当局は、テロリストとのリンクの証拠がなく、盗んだパスポートの使用の他の説明があるかもしれない、と言った。

ロールスロイス・トレント・エンジン(Rolls-Royce Trent engines)によって動力が供給された11年経ったボーイングは、クアラルンプール国際空港から午前12:40(金曜1640 GMT)に出発し、それが救難呼出しなし(without a distress call)で見当たらなくなった時、見たところでは、よい天候中で飛んでいた。

飛行MH370は最後に航空管制官と、マレーシアの町コタ・バル(Kota Bharu)のイースト・コーストから、120海里の接触を持っていた。

飛行トラッキング・ウェブサイトflightaware.comは、それが離陸の後に北東を空輸し35,000フィートに上昇し、それが追跡レコードから消えた時まだ上昇していたことを示した。

墜落は、恐らく、確認されたなら、777の1年未満の第2の致命的な事故で、19年前にサービスに就いて以来、最も致命的な事故をマークするでことになる。

アシアナ航空ボーイング777 200ER(Asiana Airlines Boeing 777-200ER)は3人の乗客を殺し、180人以上を負傷させて、2013年7月にサンフランシスコに墜落到着した。

ボーイングは、その状況をモニターしていたが、コメントをそれ以上持っていなかった、と言った。

飛行コンサルタント業Flightglobalの安全性の管理者ポール・ヘイズ(Paul Hayes, director of safety at Flightglobal Ascend aviation consultancy)は、最初の巡航高度に達して、飛行がルーチン段階に通常あるだろうと言った。

「そのような突然の消失は一方で、何かが非常に速く起こっているので、メーデーを消す機会はありません。その場合には、慎重な行為は考慮する1つの可能性は、乗組員は対処するのに忙しく、あるいはそのような、何かが起こったことを。それを示唆する。」と彼はロイターに伝えた。

彼は、早すぎるので、原因について思索することができないと言った。

最後に飛行機が接触したところに関して、マレーシアとベトナムの南の先端の中間のエリアには、いくつかの国々からの多くの飛行機および船はいました。

「必要な限り、捜索救助活動は継続するでしょう」とマレーシアの首相ナジブ・ラザク(Malaysian Prime Minister Najib Razak)がリポーターに伝えた。

彼は、祖国が15機の空軍航空機、6隻の軍艦および3隻の沿岸警備隊船を展開させたと言った。

マレーシアの海事実施官庁からの捜索救助容機は、飛行機が最後に接触をしたが残骸のサインを見なかったエリアに到着した、とマレーシアの海事実施官庁が言った。

ベトナムは、その救援機が2つの長さ約15km(9マイル)の大きな油膜、およびその海岸線から煙の1つの柱を見つけたと言った。
しかし、それらが見当たらない飛行機に接続されたかどうかは明らかではなかった。

中国とフィリピンは、さらに支援するべき地域へ、船を送った。
その一方でアメリカ、フィリピンおよびシンガポールは軍用機を急送した。

中国はさらに他の船および航空機を待機させた。

中国の国営テレビ局中国中央電視台(CCTV)は、Infographic: Malaysia Airlines flight still missingを公開し、BBC NEWSは最新情報をリアルタイムで複数回公開している。

ワシントンポスト(Washington Post)も最新情報をどんどん公開している。

中国の人民日報は中国版衛星画像地図ではなく、Google Mapsの画像を使用して、情報を公開している。

2010-10-21---中国は、中国版Google Earthを公開!
2014-03-08---マレーシア航空、北京行きの航空機が消息を絶った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告