on-the-time.jp

2014年03月03日

ウェアラブル・ロボットは、各手で50kgを持ち上げた。

BBC Newsは、イタリアのエンジニアは、現在までに最も世界で精巧に構築されたウェアラブル・ロボット「body extender」を開発したと報告した。

その「body extender」はピサ(Pisa)のScuola Superiore Sant'AnnaでPercro(Perceptual Robotics Laboratory/知覚ロボット工学研究所)によって構築された。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ユーザーは各拡張手の中で機械によって50kg以内を上げることができることができる、とそのメーカーが言います。

それを開発していることが、工場で働くかあるいは地震帯の残骸と救助の生存者を救出できるかもしれない、と彼らは言っている。

外骨格は、生産、治療および軍事目的として、世界で開発される多数のうちの1つである。

Percroのファビオ・サルセンド(Fabio Salsedo)は、機械がどのように作動するか実証している。

ただし、このようなのは、誤作動したら、と思うと何となく怖い。

ピサ(Pisa)のScuola Superiore Sant'AnnaのGoogle Earthポインター情報
43°43'15.4"N 10°24'09.1"E
または、
43.720942, 10.402522

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト