2014-02-24

MasterCardは、モバイル財布の専門知識のためにC-Samを買収。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、マスターカード(MasterCard)は、MasterPassデジタル・サービスの初公開を含めて、モバイル財布(mobile wallets)と支払いサービス(payment services)の開発、配備を全体的に促進するために、モバイル財布およびオン・デバイス・ソフトウェアのプロバイダーとサービスのC-サム(C-Sam)を買収することに合意したと報告した。

それはモバイル世界大会2014(Mobile World Congress 2014)の1日目に発表され、マスターカードによる少数投資にも2012年12月に2つの会社間で開発されたグローバルな戦略的パートナーシップに基礎を置いた。

合意の内容は示されなかった。

獲得の閉鎖は規定する承認の対象で、今年の第1四半期に期待されている。

C-Samは、インド、日本のDNP、メキシコ、シンガポールのStarHub、アメリカのIsisおよびベトナムで商用モバイル・ペイメント・サービスを支援した。

C-Sam綱領はさらに、顧客固有の提示、ロイヤリティ誘因、銀行業務、法案支払いオプションおよび非金融の安全な処理を支援している。

「今日のコンシューマーは、一連の新製品および装置を使用して、新しい方法で買い物をして、ディジタル・ライフスタイルを実践しています。」
「C-Samのモバイル専門知識をマスターカードへもたらすことは、私たちが広範囲のモバイル・仮想解決策をより良く、より速く始めるのを助けるでしょう。その値を私たちが通信、政府および商人との協力を拡張することに加えている間、便宜と選択を消費者に持って来ます。」と、マスターカードのペイメント・チーフ・オフィサーのエド・マクラフリン(Ed McLaughlin, Chief Emerging Payments Officer, MasterCard)が言った。

さらに、モバイル世界大会2014でマスターカードは、MasterPassインアプリ・ペイメントを発表した。
消費者は、それによってモバイル・アプリ内の安全な購入をし、いくつかのアプリケーションを横切って支払いカード信任状(payment card credentials)を格納する必要を削除することができる。

もちろん、新しいサービスの源はアプリケーションに署名するクレジットカード会社に依存する。

これまでのところ、Forbes Digital Commerce、Fat Zebra、NoQ、Starbucks Australia、Shaw Theatres Singaporeは、MasterPassを備えた彼らのインアプリ購入(in-app purchasing)する能力に動力を供給する最初のアプリ供給者の一人である。

ABIリサーチ(ABI Research)は、アプリ内課金を含む、モバイル・アプリケーション(mobile applications)からの全面的な収入が2016年までに、2011年に得られた85億ドルより5倍以上大きなUS$460億に達するだろうと予測した。

2014-02-12---スペインも、ヨーロッパで4番目のMasterPassを開始。
2013-12-18---マスターカードは、ボーダフォンがイタリアで展開しているm-payと連携。
2013-11-26---デジタル財布は、まだ買物客を興奮させるのには不十分。
2013-11-21---インテルとマスターカードは、tap NXPオンライン・トランザクションを支持。
2013-10-22---Google Glassはハンズフリーのペイメントの可能性を提示。
2013-10-16---NFCは小売り万能薬にならない。
2013-08-29---マスターカードが、日本のパートナーとモバイル財布を開始。
2013-08-21---マスターカードはオーストラリアで16人の支払いパートナーを発表。
2013-08-12---マスターカードの成長するモバイル・ペイメントとNFC。
2013-08-01---マスターカードのCEO、NFCは12-18カ月より長期的な努力の必要性。
2013-07-30---マスターカードはイギリスでモバイル財布を開始。
2013-05-01---マスターカードのCEO、「デジタル財布」に関する「間違った雑音」