2014-02-24

スマートフォン、最低価格競争勃発!¥¥

Cellular-Newsは、現在と将来のスマートフォン成長について話す場合、新興市場は注目の的になった。

2013年のIDCによれば、世界的なスマートフォン市場は、2012年に7億5200万から上昇して送られ、10億ユニットを越えた。

そう言えば、ノキアが勝ち取った超低価格携帯電話競争を思い出す。

GSMA(The GSM Association)がシンガポールで開催された3GSM World Congress Asiaで2005年7月4日に、東南アジアやアフリカ諸国の巨大マーケットをターゲットにした、超低価格の次世代向け携帯電話を開発することを目的としたグループ「超低価格携帯電話開発計画」を発表している。

新華社は2005年8月15日に、 これまで中国では1000(14,000円)元以下の携帯電話にはオンライン・ショッピング機能がなかった。ところが1000元を切る携帯電話でオンライン・ショッピング機能が搭載されて登場し、大きな話題にり、女性向け低価格携帯電話に絶対必要な機能として、オンライン・ショッピングがあることを指摘した特集を紹介した。

約9年前の話しである。

それが、スマートフォンに伝染した。

これは、何を意味するか?
つまり、携帯電話市場は通信やデバイスで、ビジネスにする時代は終わった!新しい携帯電話ビジネス時代に突入した、

過去3年にわたってサイズで3倍になった中国の市場によって動力が、主としてこのブームに供給された。

中国は、3億5100万ユニットと等しくて、2013年に世界中で送られた3つのスマートフォンごとのうちの1つのスマートフォンを説明した。

最近、スマートフォンが中国の全体の電話販売の80%以上を既に占めるとともに、成長の急増は遅くなり始めた。

次の半分、10億人の新しいスマートフォン顧客が、ますます主としてより貧弱な新興市場として顕著にインド、およびアフリカから来る。

「中国のブームは今遅くなっています」とIDCアジア/太平洋でのモバイル・デバイスのための上級の研究管理者メリッサ・チャウ(Chau, Senior Research Manager for mobile devices at IDC Asia/Pacific)が言った。

「中国は北アメリカと西ヨーロッパでより多くの成熟市場のようになっています。ここでスマートフォン販売成長は緩んでいます。」
中国のアジア/太平洋の外部の新興市場は、中東およびアフリカ、中央および東ヨーロッパ、およびラテンアメリカと一緒に、IDCデータによれば、グローバルな特徴電話市場の5分の4を占めている。

「これは非常に大きな市場の機会です。」とIDC CEMAの携帯電話用プログラムマネージャーのサイモン・ベイカー(Simon Baker, Program Manager for mobile phones at IDC CEMA)が言った。

「約6億6000万台の特徴電話が昨年送られました、それの3分の2を現在のグローバルなスマートフォン市場のサイズに加えることができた。」

それがグローバルな特徴電話市場の4分の1を越えるものを表わすとともに、インドは将来のスマートフォン成長の鍵になる。

「インドの市場の成長は、iPhoneのような高額のデバイスではなく低コストのアンドロイド電話に依存する。2013年にインドで送られたスマートフォンのほぼ半分は、US$120未満であった。」IDC、アジア/太平洋携帯電話のための上級の市場アナリストKiranjeet Kaurは言った。

「特徴電話販売をスマートフォン販売に変換することは、低コストへの無慈悲な押しを意味します。」とベイカーが付け加えた。

IDC研究は、世界中で売られたほぼ半分の携帯用ハンドセットが売上税のないUS$100未満の小売価格であることを示した。

それらの3分の2はUS$50US未満の価格がある。

「価格がより低くなるほど、機会は大きくなります。」とベイカーが続けた。

「あなたが売上税のない小売価格をとれば、2013年には、US$100-US$125USの価格層のほぼ34分の1がスマートフォンによって既に説明されていました。US$75-US$100US以内の、割合はちょうど半分上に下がっていました。また、US$50-US$75間で、それははるかに3分の1を越えるものではありませんでした。」
多くのスマートフォン・ベンダーが、このためにコスト圧力の次の波を促進し始めた。

サムソンは、ますます生産をベトナムへ切り替えている。
ここで製造費は現在中華人民共和国より安く売る。

Even Hon Haiは、より低い生産費ベースを供給するために、中国の送受話器のための最大の委託製造業者のうちの1人は、インドネシアでプラントの計画を発表した。

ノキアは、すでに人件費の負担が目に見えた韓国、中国工場を閉鎖し、ベトナムのハノイ近郊に移動した。

次は、カンボジア、インドネシア、マレーシアに移動することだろう。

2014-02-24---ついにMozillaは、US$25のFirefoxスマートフォンを発表。
2014-02-10---フォックスコンは、インドネシアへUS$10億投資を計画。
2013-12-11---ノキアは、大量市場に向け、アンドロイドに取り掛かった。
2014-01-28---世界的なスマートフォン出荷は昨年、10億の「マイルストーン」を越えた。
2012-09-25---ノキア、中国に続いて、韓国でも人員削減加速。
2012-02-08---ノキア、スマートフォン工場で4,000の人員削減。
2012-01-25---ノキアは、ルーマニアの工場をDe' Longhiに売却!
2011-09-29---ノキアはさらに3,500の仕事をカットし、工場を閉鎖する。
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-10-21---ノキアの新任CEOが動きだし、最初が1,800人の人員カットであった。